流浪夢の日記


あひるのたわごと      台湾ドラマと台湾で活躍している芸能人が大好きなあひるのブログです。なんとなく、やっています。
by nahiru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
airplane jet..
from airplane jet o..
decorative i..
from decorative iron
administrato..
from administrator ..
build deck d..
from build deck dec..
enigmah vide..
from enigmah videom..
evening oil ..
from evening oil pr..
ren and stim..
from ren and stimpy..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:台湾映画( 16 )


Duncan来日だって!

既にソイAさんやbeckyさんのとこで話題になっていますが、遅ればせながら・・・

Duncan来日だって!

舞台挨拶だって!(≧▽≦)


10:00の回上映後、12:10の回上映前(入替制)新宿武蔵野館で舞台挨拶で、映画公式HPでDuncanに対する質問受け付けています!

質問したいことは山ほどあったりします。
よく祐祐がインタビューでDuncanとのキスシーンについて答えていますが、Duncanは祐祐とのキスシーンはどんなだったか言ったことないような気がします(私が見逃しているだけかもしれませんが)。だから「祐祐とのキスシーンはどういった感じでしたか?」なんて質問をしたら「日本にはキモイファンがいる・・・」と思われてしまうだろうか?

はぁ~整理券無事にゲットできるかどうかわからないけど、なんだか生きる気力が沸いてきました!(←おおげさ・・・)

風邪ひいてフラフラしている上、新しい職場がとんでもなく大変でキツイとこで精神的にかなり磨り減っていました^^;。12月3日までは頑張れそうです!

わんこさん、情報ありがとうございました!!

【追記】
初日舞台挨拶の整理券は11月26日(土)朝10時半から武蔵野館の3F受付で配布のようです(詳しくはこちら)。
[PR]

by nahiru | 2005-11-15 19:21 | 台湾映画

12月3日ロードショー決定!

僕の恋、彼の秘密」は12月3日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーに決定したようです。
いよいよ日本公開ですね!
[PR]

by nahiru | 2005-11-10 09:56 | 台湾映画

靴に恋する人魚

c0023053_2233259.jpg2005年 台湾映画
原題 人魚朵朵 THE SHOE FAIRY
監督 李芸嬋
出演 徐若瑄
    周群達


29日みてきました。不思議な魅力のある映画でした。童話の中のような世界で、笑えるし、可愛いしけど切ないストーリーで、キャストも驚くほど魅力的。Duncanの役名が「スマイリー」なのには笑えました。中国語名では「王維孝」みたいです。

ビビアン演じるドドは幼い頃、車椅子生活の夢見がちな少女でした。寝る前に両親に童話を読んでもらうのが好きで、人魚姫と自分の境遇は似ているから、歩けるようになったら声を奪われてしまうかもしれない!という不安を抱いていました。手術して歩けるようになった後、靴に夢中な少女になり、可愛い靴を見ると買わずにはいられない女性に成長。
ドドの前に歯医者のスマイリーが現れ2人は結ばれるのですが、ドドは再び歩けなくなってしまいます。

ビビアンは、とっても可愛い女性を演じています。「狂愛龍捲風」でも可愛らしい女性を演じていましたが、「狂愛~」では無理があったのに、この映画では無理がなかったです。そういえばティーチ・インのとき、監督が「ビビアンはもう若い女優というわけではなかったので、こういう役も演じられると思った」といっていました。

Duncanはとってもかっこよかったです。穏やかで優しくてかっこよくて、まさに王子さまでした。バードウォッチングが好きで、よくわからない行動もステキ。ドドが辛い時、自分も苦しんでいるのに優しく見守る姿は感無量。
ドドとスマイリーの出会いのシーンでは、前夜日本版「花より男子」のドラマをみたせいか、静先輩の「おフランスでは素敵な靴を履くと、靴がステキな場所へ連れて行ってくれる」っていうような台詞を思い出しました。いつも無難に茶や黒の靴ばかり買ってるから、いつまでも幸福がこないんだな(最近は以前に増して辛い日々・・・)。そうだ!帰りに可愛らしい靴を買って帰ろう!と思った私は、この映画の世界にかなりどっぷり浸かっていたのかもしれません・・・。

最後、ドドはマッチ売りの少女の登場で、靴よりも大切な存在に気付きます。ドドは自分なりの幸せをみつけるのですが、それが押し付けがましくないのが良かったです。幸せの形は人それぞれ。私には歯科医院へ行ったら歯医者がスマイリーDuncanだった!ってだけで幸せな気持ちになれますけどね。「写真撮っていいですか?」って聞いて、OKもらえたら更に幸福。

この映画も女性監督です。Duncanは女性映画監督と縁があるみたいですね。この映画といい、「僕の恋、彼の秘密」といい、ストーリーはアレだったけどDuncan演じた阿賓はとっても魅力的だった「飛躍情海」といい、台湾の女性監督はお目が高い!と思います。

心が狭いと思われるかもしれないけど・・・
[PR]

by nahiru | 2005-10-30 16:15 | 台湾映画

深海

2005年 台湾映画
監督:鄭文堂
出演:蘇慧倫
    李威

昨日、ル・シネマ2でみてきました。ティーチ・イン付きでした。
なんとなーくとったチケット、後々こんなプラチナチケット(あひるにとっては)になるなんて!
映画の感想文書こうと思ったけど、それどころじゃないです・・・だって・・・生李威かっこよすぎ!!
映画のラストの方は、ソワソワドキドキして、映画どころじゃなかったです。
(どうしようどうしよう生李威みちゃう?生李威みちゃう?)と生李威のことばかり考えてしまいました。

エンディングが終わり、司会者の女性と監督と通訳さんは登場したのに李威はいない。
もしかして李威の来日ドタキャン?!と不安になるあひる。
鄭監督が「李威が渋谷の女の子にさらわれちゃった」っていう冗談をかまし、「マジで?!」と真に受けてしまうあひる。
後ろの方からざわめきが・・・通路を足早に歩いている李威らしき姿が!!あひるは心の中で「ギャー!!!!!」
舞台上に李威登場。あまりにもかっこよくて麗しい姿にパニックになるあひる。
もの静かな感じの青年でした。かっこよさの中に可愛らしさもあって、こんなのがコンビニ店員がいたらスカウトもしたくなるよと納得です。日本語で「僕は李威です」と自己紹介してくれました。あひるの記憶が正しければ李威は自分のこと「僕」と言っていました。「僕」が似合う!
真顔の時は年齢よりも若干童顔だと思うのですが、笑うと顔がクシャっとなり仙人ぽくなると思いました(あくまで私の主観です)。
質問タイムの時に司会者が求婚事務所の李威の役柄を「同級生に恋する役」と訳し間違えてしまい、違うよ!と会場内がざわめくなんてこともありました。同級生に恋するんじゃ、普通の恋だと思うんですけど・・。ママンに恋するからなんか凄いんだと思うよ。

ティーチ・イン終了後、ロビーでチラシをみていたら、李威がいる!女性ファンに囲まれていました。私もそれに加わり携帯カメラで李威&監督を撮っちゃった。とってもフレンドリーで、ファンに握手までしていました。手を伸ばせばあひるも握手してもらえそうだったけど・・・勇気がなくて手をのばせませんでした。いつも駄目なんですよね~。目の前に仔仔の背中があってもただ驚くばかりで放心状態だったし、小美がすぐ前にいて手をのばせばサインもらえそうだったけどやっぱり放心状態だったし。

李威口袋空空炒《深海》匆忙飛東京 台幣信用卡全沒帶(蘋果日報)によると
拍《深海》期間,他胖了六公斤。其實開鏡前他就已胖了兩公斤,他問導演鄭文堂要不要減肥,導演斬釘截鐵地說:「不用,這樣你才像我要的普通人。」
らしい。この映画の撮影中李威は6キロ太ったらしい。撮影前も2キロ太ったけど、監督は減量しなくていいと言ったんだって。監督は「痩せなくていい。私が求めていた普通の人になったね」と言ったようです。
確かにこの映画中の李威はちょっとぽっちゃりしていました。肩のあたりはドラマでみる李威よりもがっしりしていたし。それに李威が演じているのは普通の人でした。李威演じる青年は大学卒業後就職し、会社でちょっと気になる女性ができて優しくしてみたら、人との距離をとるのが苦手な女性でウザいと感じるようになる。彼女に対して段々苛立つようになり、自分の手に負えるような女性じゃないことに気付き去る・・・。
主人公の女性ユーがメソメソし過ぎで李威演じる男性(役名忘れてしまった)が苛立つ気持ちもわかるし、私も人付き合いは苦手なので距離をとり方に戸惑うユーの気持ちもわからなくもなかったです。しっかりした映画だという印象を持ちました。登場人物たちの役柄がしっかりしていたからかもしれません。

そういえばエレベーター横のパンフレットの棚に「僕の恋、彼の秘密」のチラシがありました。
チラシみていたらDuncanは来日しないことを思い出してしまいました。釜山にはいったから東京にもくるとかなり期待してたんだけどな~。
c0023053_0211794.jpg

        李威をみつめるDuncan。どちらも羨ましい~。(極速伝説より)

上の蘋果日報によると、李威はとっても忙しいのに来日してくれたようです。
来日してくれて謝謝謝謝です♪
[PR]

by nahiru | 2005-10-26 23:08 | 台湾映画

僕彼の公式HPに祐祐メッセージ

「僕の恋、彼の秘密」の公式HPが更新されていました。

Specialページに祐祐からのビデオメッセージがあがってます!日本語で話してくれていて嬉しいです。

KABA.ちゃんと対談して、記者会見には山咲トオルが現れたって・・・まあそういう路線の映画ですから・・・。KABA.ちゃんってば、祐祐にピッタリくっついて・・・いいなあー。

リンクにbeckyさんの「たくましすぎる想像力」を追加させて頂きました!
[PR]

by nahiru | 2005-10-11 21:37 | 台湾映画

本当に祐祐来日していたみたいです。

祐祐が本当に来日していたみたいです。(アジアンパラダイス ニッカンスポーツ

記者会見の時、山咲トオルが花束持って現れたみたいです。
山咲トオルか・・・レイザーラ○ンHGがフォー!と来るよりはよかったのかもしれない。
[PR]

by nahiru | 2005-10-10 19:42 | 台湾映画

赴日本宣傳

聯合追星網より
楊祐寧嘆 擺脫不了Gay

楊祐寧將為「17歲的天空」赴日宣傳,當他聽聞「17歲的天空」在香港DVD店和同志片放在一起,忍不住嘆無奈。

去年金馬獎最佳新人獎楊祐寧,擔任今年金馬獎數位短片代言人,他透露自己曾經和朋友合作拍攝短片,擔任導演和剪接,他笑說短片純粹是為了交作業。

剛從香港參與亞洲電影節宣傳活動的他,開心表示作品「夢遊夏威夷」受到歡迎,放映時因觀眾過多,還加開一廳。但當他得知「17歲的天空」的DVD在香港的影音店中,和一堆表現大膽的Gay片分類在一起時,忍不住無奈嘆氣,曾經表示這幾年來不再接演同志角色的他,也只感到無能為力。

楊祐寧今天又將為了「17歲的天空」赴日本宣傳,他大笑說:「天啊!兩年前的作品,現在都是19歲的天空了吧!」


「楊祐寧は「17歳的天空(僕の恋、彼の秘密)」のため日本へ宣伝のため赴く、彼が聞いたところによると「17歳的天空」は香港のDVD店ではゲイ作品と一緒に置いてあり、彼は嘆いている。



 楊祐寧は今日また「17歳的天空」のため日本へ宣伝のため赴く、彼は笑いながら言った「ああ!2年前の作品なので、今はもう19歳的天空になってしまったYO!」」

・・・と私は読んだのですが、「今天」って私の辞書には「今日」としか書いてないので「今日来たの!?」とビビッたのですが・・・来日してないよね?

「TW台湾TV&スターズ02」の祐祐のインタビューのところに「10月来日予定」と書いてあったので、今月は気が抜けません。
Duncanも釜山だけでなく、日本にも是非是非来て欲しい。
[PR]

by nahiru | 2005-10-05 21:58 | 台湾映画

僕の恋、彼の秘密-幸せをつかまえたい-

c0023053_11391374.gif「僕の恋、彼の秘密」の日本公式が動き出してました。

「-幸せをつかまえたい-」っていう副題(?)まで付いてるよ!

なかなか可愛らしいホームぺージです。
ただ↑のバナーや最初にでてくる祐祐とDuncanの画像があまり好きじゃない。なんかいかにもっていう感じで。もっとソフトタッチな可愛らしい画像を使って欲しかったなあ。
香港版DVDのパッケージに使われている画像と同じだと思います。私は台湾版DVDのパッケージ画像の方が好き。・・・でも台湾の方もいかにも・・・かも。

もう何十回もこの映画みてるけど、公開されたら何度も映画館に観に行ってしまいような予感。
[PR]

by nahiru | 2005-09-09 10:52 | 台湾映画

正月は毎日新宿通いかも

「17歳的天空」は日本の配給会社によると「新宿武蔵野館にて正月ロードショー」だそうです。

あれ?今年12月じゃなくなったんですね。【12月公開でした】 お正月かあ。

今度こそ、本決まり?

で、来日はあるのかな?

「DUNCAN」というと、私のまわりの人たちは「た○し軍団の?」といいます。

友「ダ○カンダ○カン言われるとた○し軍団のダ○カンの顔が浮かぶよ」

あひる「全然ちが━━━う!ヽ(`Д´)ノ」

の繰り返し。


話変りますが、昨日会った友人(一緒にシンガ旅行して、私が仔仔にはまっていく様子を逐一みていた人)に「今じゃ仔仔かっこいい!ってよく言ってるけど、最初は馬鹿にしてたんだよね」と言われました。(;゚д゚)ハッそういえば・・・というか、恥ずかしくて(どこの国の人かさえわからなかったわけだし)なかなか本心を打ち明けられなかったあの乙女心・・・なんか懐かしいです。
今日は「戦神」の日本版サントラを買おうと出かけたのですが、どこにも売ってなかったよう。
HMVへ行ったら以前朝日新聞に華流の広告が載った時のコピーが沢山置いてありました。
F4ものはほぼ揃ってました。
本屋へ行ったらF4コーナーができてました。
でも何故か「戦神」の日本版サントラだけはどこにもなかったのです・゚・(つД`)・゚・売れ切れ?
[PR]

by nahiru | 2005-08-06 21:06 | 台湾映画

何月公開なの?

「17歳的天空」の日本での配給会社Art PortさんのホームページのLINE UP(公開予定作品)のページが更新されてました→こちら
「17歳的天空」も紹介されてます。
日本では
小天→ティエン
白鐵男→バイ(「男人的好」のMVを思い出す・・・)
小宇→ユウ

って名前になるみたいです。

今年中には公開確実なのかな~。
今年ももう半年、残り半年。半年なんてあっという間。
はやく具体的な情報を知りたいです。

17日の「娯楽新聞」と「亜洲@娯楽」にダンカンのニュース映像が。
香港(?)でビビアンとアンディー・ラウと仕事するんですか?(よくわからなかった)
よくわからないけど楽しみ♪
[PR]

by nahiru | 2005-06-18 02:19 | 台湾映画