流浪夢の日記


あひるのたわごと      台湾ドラマと台湾で活躍している芸能人が大好きなあひるのブログです。なんとなく、やっています。
by nahiru
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
airplane jet..
from airplane jet o..
decorative i..
from decorative iron
administrato..
from administrator ..
build deck d..
from build deck dec..
enigmah vide..
from enigmah videom..
evening oil ..
from evening oil pr..
ren and stim..
from ren and stimpy..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧


極速伝説ページUP

とうとう「戦神」のDVDを注文してしまった。
結構お高かったので最後のボタンをポチっとするまでに時間が掛かってしまいました。まだ未見のドラマや映画のDVD・VCDが溜まっているいるので当分映像系は買わないようにしようと思っていたのに駄目でした。この意思の弱さが私の人生の敗因だとわかっているのですが。もう当分買わないようにしよう!・・・でも「愛情魔戒」もはやくみたい・・・

「極速伝説」の感想をUPしてみました。作った本人がいうのもなんですがひどいできです。じゃあUPするなよ!って思われそうですが、せっかく作ったのでってことで。あまり参考になりませんが、もしよろしければ見てやってください。
「ごくせん」をみながら作りました。友人にKAT-TUNファンがいて、以前私もファンでした。劇中の赤西君がかっこよくてビックリです。コンサートに行った時、赤西君のサイン色紙が私の足元に落ちてきて、一緒にいた友人に「とれー!!」って怒鳴られたのにも関わらず他人にもってかれたという悲しい思い出があります。私がボーっとしていたために前の席から走ってきた女性にその色紙をもっていかれてしまったのです。赤西君をみるとどうしてもこのことを思い出してしまう・・・。赤西君は生で見た方が断然男前な人でした。ちなみに私はUの人のファンでした。
c0023053_23544527.jpg

     そのUの人と上の画像の孝全たんが同じ年とはとても思えない。
[PR]

by nahiru | 2005-01-30 23:43 | 台湾ドラマ

可米小子解散

最初中華な新聞でこの内容の記事をみたとき、見間違いかと思いました。
しかし日本語書かれた記事を読むと「本当なんだ」と納得せざるを得ません。
F4迷になって次に興味を持ったのは可米小子と羅志祥でした。
「悪童探検記」は大好きな番組でした。韓国で生きたタコ食ったり、泣きそうなのに無理やりバンジージャンプさせられたり、岡山の藁人形で有名な寺でマジ泣きしたり、アイドルなのに鼻水たらしたりetc...
「亜洲娯楽中心」では安君が20歳になった記念にピアスの穴あけているのをみちゃって先端恐怖症の私には酷な内容でした(←じゃあみるなよって話ですが)。
去年の東風お正月特別番組ではK-ONE、丸子と対決、圧倒的な強さで勝利をおさめていました。ちなみに司会は「薔薇之恋」の兄さんでおなじみの黄志偉。
歐弟と黄志偉司会の旧正月「亜洲娯楽通」で仔仔も適わない無邪気っぷりをみせる東靖。
「亜洲娯楽通」での司会っぷりも可愛かったな~とあげればきりがありません。
F4はあまりバラエティー番組に出演しないので、可米小子で楽しませてもらってました。
私は少宗と東靖が好きでした。この2人はとってもファン優しいと教えてもらったことがあります。
これからも個々で芸能活動を続けていくみたいですが、やはりグループとしてもっと活動して欲しかった。1度は生でみたかった。というか旅行日程を1週間遅らせていれば生でみれたのね。今年は例年になく運イイ年と思っていたけど、錯覚!?

少宗とリーダーが小美と楊丞琳ちゃんと共に日本の漫画原作のドラマ撮影しているようなので、このドラマのVCD・DVD化を楽しみに待とうと思っています

「解散」という言葉、みるのが辛いです。
[PR]

by nahiru | 2005-01-29 19:06 | 台湾男前

女人我最大

c0023053_1812159.jpg「女人我最大」というのはTVB大富でみれる台湾のバラエティー番組。
先日、この番組に小綜・小天・建華がゲスト出演したらしいという情報をみたので毎日チェックしてました。
建華→小美だったらもっと嬉しかったのですが、小美はドラマの撮影で忙しいと思われるし、建華も十分美しいので楽しめました。
記憶力ゲームをしていたんだと思います。そして2人組になって台詞の中に与えられたキーワードを織り交ぜつつ即席演技。1組目は小綜と小天。彼氏小綜と彼女小天ととってもおいしい設定。できれば小天にはもっと高い声でしゃべって欲しかった。2組目は小綜と建華。小綜が店員で建華が頭のおかしな客という設定。これもステキでした。大きな小綜に小柄な建華が突っ掛かっているとこは凄く可愛かった。建華だって別に背が低いわけではないのですが、小綜がデカ過ぎてとっても小柄な人に見えるのです。それにしても小綜って器用な男だ。それにとってもリラックスしている風に見えました。
最後は建華が歌って番組終了。なっ生歌ですか?
この3人を生で堪能した司会者含め4人のお姐様方が非常に羨ましい。

そういえば台湾旅行した時、デビュー当時よりも格段に艶っぽくなったENERGYのクンターが出演しているドラマもみました。台湾版「ナースマン」な内容のドラマで、題名が思い出せません。バラエティー番組等にゲスト出演している時のクンターっておとなしくてあまりしゃべらない印象があります。ENERGYでよくしゃべっているのは書偉ってイメージが。
ドラマの中では結構しゃべる役のようでした。独り言も口に出してたし。「香草恋人館」で主人公♀の兄役で最後までDUNCANにもっていかれていた張天霖さんも活躍していて、生き生きしているようにみえました。このドラマもみたい。孝全たんの消防士ドラマもみたい。みたいのばかり!
[PR]

by nahiru | 2005-01-29 14:12 | 台湾男前

孝天加油!

c0023053_13431926.jpg「麻衣是我的!」
また5566がF4 のモノマネをしたみたいです。正直誰が誰のモノマネしているのかよくわかりません。画像が悪いせいなのかもしれませんが。わからないけどみてみたい。この「綜藝大喝采」という番組は日本でもTVB大富で放送されている5566の番組でよいのでしょうか?もしかしたら大富さんでみれるかもしれない。楽しみだ。
昨年も書いたような気がするのですが、以前5566がF4を貶す発言をしたとかいう噂があり、「なんてやつらだ!」と腹立たしかった時期もあったのですが、今は嫌いじゃないです。むしろ「頑張ってる人たちだ」と好感をもっています。今見ているドラマ「極速伝説」見終わったら「西街少年」見る予定だし。
でもね~、すっかり孝天と佐藤○衣はセットみたいな扱いでなんか嫌。てか、旭といえば例のスーパーモデル、仔仔といえば例の女優、ヴァネースといえば例の日本の芸能界でも活躍していたタレントと孝天は最後の砦(?)だったのに、まさか佐藤○衣とセットになるだなんて。だって佐藤○衣、台湾旅行した時みたバラエティー番組で小鍋をスプーン代わりにして料理食ってたよ。それがどうしたって話ですが、あまりお上品じゃない人だな~と思って。

「27日孝天の事件」
この女性はファンではないと思うのですが。ファンだったら孝天が今忙しいことわかっているだろうし、そもそもこんなに騒いでタレントを傷つけないと思います。
昨日の娯楽新聞でも取り上げられていました。この被害(?)女性、えらく騒いでいましたねえ。台湾SONY関係者の話によるとこの女性、「彼はF4の誰だっけ?」ってきいてきたみたいです。あんたホントにファンなんですか?と思いましたよ。やはりファンではないですね。なので報道で「歌迷」「影迷」(=日本語で「ファン」)とするのは止めて欲しいです。ただの騒がしくて被害妄想の強い「歐巴桑」です。
[PR]

by nahiru | 2005-01-28 14:02 | F4

飛躍情海 Love me,If you can

c0023053_13355952.jpg2003年 台湾映画

導演 王毓雅
出演 小三:王毓雅 飾
    小英:林依晨 飾
    阿賓:周群達 飾
受賞歴  第40届金馬奨最佳女主角 林依晨ノミネート
      2004年福岡アジア映画祭グランプリ 邦題「飛躍、海へ」
公式ホームページ
福岡アジア映画祭ホームページ

漁港の街に暮らしている小三は17歳の時、占い師に梁山伯の生まれ変わりで、25歳時に生命に関わる危機に瀕するといわれる。
25歳になった小三のもとに遠縁の従妹である小英がくる。彼女も自分の中に梁山伯がいると信じていた。小英は次第に小三に惹かれていく。

・・・こんな感じのストーリー。途中まではほのぼのとした展開だったのに、最後の方はかなりイタイ作品になってます。あそこまでする必要あったのでしょうか?

林依晨さんというのは普段めんどくさくてピヨコ(ヒヨコに似てるなっと思って。特に唇の辺り)と書いている女優さん。今日はちゃんと漢字だしてみました。林依晨さん演じる小英はメソメソメソメソしていて、ちょっとムカつきました。監督演じる小三はとても面倒見のいい熱い女性。確かに同性から好かれそうなタイプです。友人を救うために凄いジャンプをします。あんなジャンプができるならオリンピックに出場できそう。ビジュアル的には女優さんって感じじゃないし、演技力もそんなにあるとは思いませんでした。しかし、林依晨に周群達(DUNCAN)、脇役の女優さんが結構美人だったので、監督が出演することで「アイドル映画」って雰囲気にならずに済んだような気がします。それに経費節約もありそう。

c0023053_13401099.jpgDUNCANの出番はそんなにありませんでした、残念。しかし今までみたことない役柄なので新鮮でした。家庭の事情で上手く感情表現できない青年阿賓。めずらしく素朴な服装で手振り身振りで小三に何か伝えようとしている姿がとてもステキです。可愛らしいです。監督は役得だ。羨ましい。結局DUNCAN演じる阿賓にとって小三はどのくらいの存在なのかよくわかりませんでした。特別な存在ではあるんだろうけど。

しかし何でラストの方はあんなにイタイ展開にしてしまったんでしょうか。女性が殴られている姿をみるのは辛いです。しかも手首縛られて全く抵抗できない姿で。それだけでも辛いのに最後になんであそこまでされなくてはならなかったのか。「小三は25歳時に生命に関わる危機に瀕する」って伏線がこういうラストにせざるを得なかったのか。泣きそうになってしまいましたよ。ハッピーエンド的なラストがよかったなあ。
できればラストのあのシーンに漁に出ていたハズの阿賓登場。大漁旗翻した漁船の船首で頭に鉢巻まいて腕組して仁王立ちし怒りの表情。空中で1回転して小三と小英のもとに着地。暴力団員たちを次々投げ倒し、海へ沈めてゆく。もう適わないと観念したボスは「おぼえてろよ!」の捨て台詞を残し逃走。・・・もちろんこんな展開にはなりません。こんなんでも映画の前半部分が台無しになってしまうだろうし。そもそも阿賓はこういうキャラじゃないし。でも、あまりに理不尽な展開に映画みながら「DUNCAN現れてよ!」って切実に願ってしまいました。それ程イタイ展開なのです。

私はパソコンで再生して、DUNCAN出演しているシーンにブックマークを付けてそこだけ繰り返しみようと思っています。
[PR]

by nahiru | 2005-01-26 12:37 | 台湾映画

祐祐の日本語インタビュー

c0023053_13352531.jpg何気なくみにいった「キネカ大森」のHPに祐祐のインタビューが(コチラ)。
絶賛だ。特に「17歳的天空」の感想部分が凄く熱い。私はあの映画みてとにかく「可愛い~」と思い、優しい気持ちになれるような気がしました。
とても興味深かったのは金勤のエピソード。写真撮る係りに自ら買って出るあたり、なんかとっても遠慮深い人だなっと好感がもてました。いい人だ。

ところで「アジア映画サポーターズ倶楽部会報誌」っていうのはどうしたら手に入れられるんだろうか。
[PR]

by nahiru | 2005-01-25 13:29 | 楊祐寧

BSfan

「BSfan次号予告・・・F4ヴィック来日密着レポート」!?
仔仔が来日するの?次号予告ってことは近々来日ってこと?
ならあの茶髪はもってのほか!黒髪の方が似合うって。

「BSfan」最新号買ってきました。F3のインタビュー可愛いい。とくにオフの過ごし方がイメージ通り。仔仔め。。。

仔仔のファーストソロ写真集「流浪夢」日本版発売だっていうし、あのとってもステキドラマ「貧窮貴公子」がBS日テレでスタートだっていうし、仔仔祭りって感じですね。

そろそろ「恋してるっ!!台流スター」予約しようと思っています。都心の本屋で買おうと思っていたけど、この題名だけでもきっついのに下に「台流イケメン!まるごといただき!!」ってさらにきつい文が・・・。表紙もかなり微妙。もっとステキで洗練された表紙にしてくださいよ。
台流台流って、知ってる人しかどこの国かわからないんじゃ・・・。
そういえば「台風」がいいんじゃないかってのもみたのですが、これも大問題だと思います。いくら読み方は「タイフォン」にしても一般日本人には「タイフー」だし、昨年は台風の当たり年で沢山台風による被害がありました。なので「台風」って言葉によい感情をもっていない人も沢山いるのでは?っと思ったのですが。
[PR]

by nahiru | 2005-01-24 22:02 | F4

めでたい

c0023053_23182667.jpg

孝天のCDイベントに仔仔が現れたのですね。めでたい。孝天がとても嬉しそうでなによりです。台湾旅行を今週末にしとけば仔仔もみれたわけだ。今週末にしとけばよかったな~。それにしても、仔仔の髪の色、全然似合っていな。なんであの色にしたんだろう・・・。
c0023053_23193563.jpg

旭が「第12回中国歌曲排行榜2004年度最受歓迎港台地区新人賞」と「最受歓迎港台地区歌曲奨」受賞。こちらもめでたい。
c0023053_2326614.jpg

建華もイベントしてたのですね、やっぱ今週末にしとけばよかったかな・・・。
今日「西街少年」の1話2話をみてみたのですが、建華はよくわからない役でした。「台湾版「池袋ウエストゲートパーク」って感じの作品」と紹介されていたのみたことあるけど、私的には「ワイヤードラマ」ってのが一番ピッタリだと思う。まだ1・2話しかみてないけど。

週末台湾へ行けば誰かしら芸能人に会えるってことなのね。
[PR]

by nahiru | 2005-01-23 23:34 | F4

台湾旅行番外編 台湾でみた番組

「流星花園」c0023053_2215676.jpg
再放送していました。そういえば台湾のCD店には「流星花園」のDVD・VCD等F4関連ディスクが思っていた以上にあったのですが。4年前の作品なのに。もしかして、日本人が買いに来るのかな?っと勝手に思ってしまいました。
私の友人はまだ誰一人として「流星花園」みていません。相変わらず話せる人がいない状態。早く関東でも地上波放送(MXは私含めて見れない人ばかりなので)してくれないかなあ。

「薔薇之恋」c0023053_22104877.jpg
この作品も再放送中でした。そういえば「17歳的天空」に登場するオカマキャラ「CC」って「薔薇之恋」に出演していたんですね。誰を演じていたのかわからなかったのですが、最近やっと主人公百合をふった男を演じていたんだと気付きました。演技派だ。
で、日本放送っていうのはどうなっているの?やっぱりあちらのテキトーな報道だったのか?


「愛情魔戒」
c0023053_22162768.jpg
小綜が出演しているので、みてみました。小綜が乳母車押していました。なんか前に「未婚の母がどうのこうの・・・」って記事があったような気がするので、結構大人なドラマなのでしょうか?VCD買って帰ろうかと思ったのですが、私はなるべくDVD派なのでDVD化するまで(するんだろうか?)待とうと思っています。だから仔仔の「戦神」もまだ未見・・・。

「火線任務」
c0023053_2220130.jpg
張孝全たんと大S彼氏こと藍正龍などが出演している消防士のドラマ。孝天の日本で撮影したMVに出演している女優さんも出演していました。相変わらずのCGのショボさには泣かされそうになりましたが、結構面白いドラマでした。藍正龍がとっても真面目でクールっぽい役で、張孝全たんはとても無邪気で熱く仕事をこなす消防士役。消防士をとても爽やかにえがいていると思いました。そういえば、この男の人どっかでみたことあるな?っと思ったら仔仔仙台ロケの時一緒に写真とってもらったマークさんでした。ヒロインの知り合いの男性役でした。

「康熙来了」
c0023053_22205951.jpg
小綜・小美・小天がゲストの回が再放送されていました。見たかったので非常に嬉しかった。騒がしい小綜(小天が話しているのにgayがどうのこうのと言っていた)とそれに便乗する小美、いじられる小天。やっぱりこの3人ステキ過ぎ。狭い更衣室に3人入ってお着替え。そこに入って喜ぶ小S・・・。さすがモデル出身の3人、なに着てもかっこいい。小美がとても小柄に見えました。小綜は非常にでかいですね。
←この画像の小天なんか変。


「我猜我猜我猜猜猜」(で、いいのかな?)
呉宗憲、阿雅、楊丞琳が司会のバラエティー番組。
孝天と霍建華がゲスト出演していました。なんか、凄い内容だったのですが・・・。とてもここには書けない内容・・・。ゲストの孝天たちは苦笑い・・・しかできないよね。

「冷知識轟趴」
羅志祥と黒人が司会の台湾版「トリビアの泉」。東風制作の番組なのに、日本ではみれません。「松葉蟹には解禁日というのがある」というトリビアなどが紹介されていました。 羅志祥が「カニカニ~」と言ってました。流石日本通。日本語で何というか知っているのね。
ちなみに台湾では「ヘェ~」ではなく「オゥ」(←と聞こえました)です。

他にも孝天ゲストの「封面人物」、孝天お誕生日会をやっていた「娯楽新聞」など、夜はテレビみていたので台湾滞在中は寝不足気味でした。
[PR]

by nahiru | 2005-01-22 22:27 | 台湾ドラマ

1月17日 台湾旅行最終日

とうとう今日で初台湾旅行最終日。
前夜夜更かししてしまったので、予定通りに起きれませんでした。

誠品書店敦南店へ。24時間営業らしい。立ち読みOKとガイドブックに書いてあったのですが・・・立ち読みというか、皆さん、通路にベタっと座ってまるで我が家にいるがの如くくつろいでいらっしゃったのですが。欲しかった写真集があっても、ビニールに入っていなくて散々読まれた後だったので買いたくなかったり。
小美が表紙の雑誌「COLOR」と「17歳的天空」の写真集小説セットを買いました。
「COLOR」には小美はもちろんのこと、孝天TORO祐祐羅志祥小綜などのページがあり、満足。特に小綜がかっこよかった。
「17歳的天空」の写真集は既にもっているのでダブってしまいました。2冊あってもねえ。でも祐祐金馬奨新人奨受賞記念でセット売りしていたようなので記念に買ってしまった。日本で写真集買った値段よりかなり安かったので、まあいいか。たぶん、1冊は常に持ち歩いて友人たちにみせてまわりそうだ。

最後に台北の町中を散歩し、空港へ向かいました。

機内で偶然隣の席だった女性と話がはずみ、あっという間に日本。

家に帰って荷物をあけ、「買いすぎたかな・・・」と自分で買っときながらビックリしてしまった。
[PR]

by nahiru | 2005-01-21 20:30 | 台湾旅行