流浪夢の日記


あひるのたわごと      台湾ドラマと台湾で活躍している芸能人が大好きなあひるのブログです。なんとなく、やっています。
by nahiru
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
airplane jet..
from airplane jet o..
decorative i..
from decorative iron
administrato..
from administrator ..
build deck d..
from build deck dec..
enigmah vide..
from enigmah videom..
evening oil ..
from evening oil pr..
ren and stim..
from ren and stimpy..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


なんか、凄いです。

ここ数日は落ち着かない日々でした。
日本にF4がいるってだけでワクワクドキドキ、集中できませんでした。

昨日は「めざ○しテレビ」で来日映像をみました。
F4ファンではないけれど「流星花園」をみたことある知人に「3人同じこと言ってちゃ駄目じゃん!それにリーダーって西門の人だったんだね」て言われてしまいました。
「いや、多分仔仔はウケ狙いだと思います。孝天はリーダーというか、1番しっかり者。それに1番年上の方が、ちょっと頼りなげなので自然とリーダーっぽくなっちゃうのかもと思われます」と言っておきました。

「娯楽@亞洲」はめざ○しよりも長く放送、バネースの日本語挨拶を聞くことができて満足。噂通り上手い。ビビ○ンありがとう!(←たぶん、教えたの彼女かな?っと・・・) それに1番洗練されている感じで男前!
孝天が堂々としていて、「あ、リーダーっぽい」と思ってしまいました。仔仔が孝天ネタにする気持ちがわかる気がします。コケても壁となって支えてくれそうで安心できるっていうのかな。ちょっとふざけてもガハハと笑って許してくれそうな、頼れるお兄さんって感じがします。いいなあ、ああいうお兄さん欲しかったなあ。

あれ、なんか珍しくバネースと孝天を褒めてる。

6月に世界初!F4日本公式ファンクラブが発足って、完全に想定の範囲外でした。
う~ん、入会しそうな予感。良心的な値段設定希望です。
きっと次回コンサートツアーがあったら日本にも来てくれるんだろうなあ。・・・でもね、わたくし、とっても運が悪い女なのでファンクラブに入っていてもいい席は無理そう(もう、そんなこと考えてるの!?って感じですが)。だってさ、昔、某芸能人の東○ドームコンサート行った時、1番後ろの席だったことあるんですよ。東京○ームで1番後ろの席ですよ!後ろに壁があったんですよ・・・。米粒だったし・・・。

7月は、今回の来日で撮影した写真集「F4@TOKYO」発売。この題名で本決まり?なんかそのまんまでわかりやすすぎ。でもこれは確実に買うなあ。
同じく7月に2stアルバム「fantasy4ever」日本版も発売ですか。これは特典次第。う~ん、迷うな~。

5月20日発売の「台湾スターお宝photo Book Vol.1」も随分買いずらそうな表紙ですね。ボーリンやリーホンはともかく、郭たんや羅志祥の名前も大きいってことは、それだけ大きくとりあげられるってことでしょうか?下の方のちっさい文字はみれない。まあ建華の名前があるので確実に買います。
5月16日発売の「もっと知りたい! 台湾tvドラマ 」は、まだ買いやすい表紙かな?

6月には『流星雨~SP』DVDこんな商品も発売されるみたいだし、上記以外にも雑誌発売も控えているし・・・1年前は想像もしていなかった状況になっていますね。
[PR]

by nahiru | 2005-04-29 21:34 | F4

今回の旭のギャラは台湾アイドル最高額だそうです。

聯合報「言承旭身價飆 一集48萬」より1部引用
「F4前天啟程赴日拍攝寫真集,明天將在東京召開盛大記者會;四人身價也再創新高,言承旭一集片酬12萬港幣(折合台幣約48萬元),其他F3則是一集10萬港幣(折合台幣約40萬元),是台灣偶像派最高紀錄。

在大陸一片反日聲中,F4仍依原計畫赴日拍攝日版寫真集,預計這本寫真集至少發行1,000萬本,利潤在一億以上,接著還有日本廣告要拍,F4在日本的搶錢行動才要開始。而言承旭因承諾演出中視八點檔「白色巨塔」,該劇製作人蔡岳勳表示會全力配合他的檔期,避開他日本行程,返台後再進行定裝。」


眺めていればなんとなくわかると思いますが、いちおへタレ意訳。
「F4は明日東京で盛大に記者会見を開く。旭は台湾アイドル最高額のギャラをもらい、他の3人は旭よりちょっと少なめ。
中共様が反日と騒いでいる中、日本で撮影される日本版写真集は少なくても初版1000万冊発行(!本当に?)。旭は蔡監督の「白色巨塔」出演を承諾している。」
26日付けの記事だから、記者会見は明日ってこと?そういえば、明日27日は「流星雨」日本版発売日。CDのプロモも兼ねた記者会見ってことになるのかな?実は写真集撮影だけでなく、このCD発売もあってこの時期無理して4人で日本集結したのかも(想像)。今回は日本のマスコミがどれくらい扱ってくれるのか楽しみです。全くスルーだったら悲しくてメソメソしそう。

そうなんです、明日はCD発売日。記念に買おうか、それとも、また台湾へ行きたいから貯金しようか(空港使用料くらいにはなるしね)。
う~ん、Googleさんに「アマゾン」と入力→クリック。
アマゾンのHPのサーチに「流星雨」と入力→クリック。
「予約注文」ボタンをポチっとクリック・・・レジに進むクリック、暗証番号入力クリック、最後に完了ボタンクリックで・・・結局買っちゃったよ。
[PR]

by nahiru | 2005-04-26 15:37 | F4

F4来日

最初は信用してなかったけど、段々具体的な内容になり、海外の迷サイトでも話題になり始め、もしかしたら本当に4人来日なのかもっと思っていたら、本当に来日しちゃってるよ!!

あひるの場合、土日の方がなんとなーく忙しいので空港へは行っていません。実は空港まで電車で1時間ちょっとで行ける所に住んでいるのですが。なんかまた財布から銭が消えていきそうな予感・・・。

4月27日、日本版「流星雨」発売(sony music online)だけど、まだ買おうかどうか迷っています。だって台湾版も香港版も持っているし、MVVCDも持っているし。相変わらず売る気なさそうだな~と思っていたら、大阪の外資系CD店では予約特典で「朱孝天握手会」ですか!しかも今日告知されて、今日本sonyサイト見に行ったら既に終了。流石関西。関東在住なので大阪には行く予定ではありませんでしたが、もし関西在住ならメソメソしていたかも。
[PR]

by nahiru | 2005-04-24 20:08 | F4

ポエマー

昨日「ASIANシネマ&テレビLIFE Vol.2」購入♪しかし帰宅後あまりにも眠くてとても読めず、今日やっと読むことができました。
使われている写真がかっこいいです。どんなに男前でもウッカリすると・・・ねえ(例:YAMAHAの仔仔)。思っていた以上に濃い内容なのも嬉しかったです。
特に孝天と建華のインタビュー。孝天のインタビュー読みながら、「そうだったんだー」と思いつつ、孝天、日本という言葉をみると「マーイー」という言葉を抽出する自分の脳が益々嫌いになりました。
建華のインタビューは、やっぱり一番嬉しいものでした。兵役前に既にCMデビューしていたなんて。みたい、是非みたい。使用されている写真がジョギング途中のかっこいいお兄さんに声かけて撮らしてもらったっていう感じなのも新鮮でよいと思いました(一瞬ポカーンとしたのも事実です)。白髪が一本あるのも気になりました。
「日本の女性はとても優しいですね」と思っているらしい。(それは貴方が男前だから日本の女性が優しかったんじゃない?)と心の中でつっこんでみました。
「まるで富士山と一緒に温泉に入っているみたいで感動しました」らしい。(凄い発想力だ。今度からポエマー・フオとよぼう)ふっと考えてしまいました。

「恋してるっ!!2」で1番興味深かったのはタミー・チェンさんのインタビューでした。
「ラベンダー」で共演した許紹洋さんのこと「すごくうるさいオジサン」と思ったことがあるとか、邱澤(ロイ・チウ)のこと「ロイの方が(ピーター・ホー)よりお爺ちゃんっぽい」と言ったり。オジサンやお爺ちゃんって、「ラベンダー」や「雪地裡の星星」の大人しい女性という役柄よりも「天下第一」の型破りな皇帝の妹の方が本来のタミー・チェンさんに近いんですね。以来、許紹洋さんをみると「オジサン」、ロイをみると「お爺ちゃん」という言葉を思い浮かべてしまいます。
「ASIANシネマ&テレビLIFE Vol.2」のロイページをみた途端、お爺ちゃんという言葉が脳裏に。なんて失礼なあひるなんでしょう。王子ともよばれる方に対して失礼すぎです。ロイのインタビュー読んだら「原味の夏天」がみたくなってしまいました。来月は「MVP情人」のDVD買おうかと思っていたけど、「原味の夏天」もみたいなー。ああどうしよう!
[PR]

by nahiru | 2005-04-22 21:12 | 台湾男前

ASIANシネマ&テレビLIFE Vol.2は絶対に買うと決定

「ASIANシネマ&テレビLIFE Vol.2」はそろそろ発売?
表紙の仔仔がかなりかっこいいです。「恋してるっ!!」より買いやすいっていえば買いやすい表紙だけど、男だらけなとこは同じだから通販で買うか、地元の本屋で買うか迷い中。まあ「恋してるっ!!」が酷すぎるから比べるのは申し訳な気がします。

で、何故“絶対”なのかというとウォレス・フオの撮りおろしフォト&インタビューを掲載だからです。同じく撮りおろしフォト&インタビューを掲載なのはピーター・ホー、ロイ・チウ、トニー・ヤン。
「アジアの美しい男たち(第二弾)」にはジョー・チェン、リー・ウェイが登場。小美の名前はなかったのが残念ですが、あひるにとってはフルコース腹八分目みたいなラインナップです。
[PR]

by nahiru | 2005-04-20 15:44 | 台湾男前

做頭

c0023053_138428.jpg2005年 中国映画
導演 江澄
出演 愛妮:關之林 飾
    阿華:霍建華 飾
    丈夫:吳鎮宇 飾

お姉さま方にもてもての美形美容師とナルシスト人妻の恋愛を描いた映画。


映画の舞台は上海。
霍建華演じる阿華は国営美容院の美容師。人妻愛妮と不倫中。
台詞からおそらく阿華は28歳って設定だと思われます(間違っていたらスミマセン)。立派な大人なのに愛妮に制服のボタンをはめてもらったり、鼻血を拭いてもらったり、お客のお姉さま方の大胆なセクシーアピールに困惑したり・・・。霍建華の使い方よくわかっているなっと思いました。あひる脳内勝手イメージな建華の使い方なんだけどね。
映画のできやストーリー云々はともかく、上記のような建華がみれるだけでとりあえず満足。

立派に大人な年齢のキャラなので、アダルティーな演出もありました。
台湾ドラマにはああいうアダルティーなシーンってあまりないので久しぶり!って感じ。
しかも失笑してしまいました。この人たち、熱くなりすぎ。自分の世界に入りすぎ。例えば、あのシーンでウッカリ誰かが「こんにちわ~ハッッッ!!( ;゚Д゚)」」と入ってきてしまったら哀れだなっと思いました。阿華や愛妮ではなくその入ってきてしまった人が。こんな心配するのもどうかと思うんですけどね>自分。

建華演じる阿華中心に感想書いてますが、映画は愛妮中心にストーリー展開します。
最後の愛妮が面白い。あれは自分の趣味に走った結果なのか、経営者として閃いた結果なのか。激しくネタバレ(阿華と別れた愛妮は数年後、若い男性美容師だけを集めた美容院を経営、お店は女性客でイッパイ。一方阿華は阿華でお店の看板になってしまうくらい人気美容師に。じっくり愛妮のお店の美容師たちみてみたけど、阿華を超える美形はおらず。足元にも及んでないな~。そんなわけで阿華の店は愛妮の店より一万歩はリードしているに300元。

建華みたいにカッコイイ美容師いいなーと思うけど、例えば、建華が美容師しているお店が実際にあったとしたら・・・行かないと思います。
美容師さんとの距離ってとっても近いじゃないですか。まあ洗髪したり、髪切ったりするんだから近寄らざるをえないんですが。あっっっあんなそばに建華がなんて、恥ずかしがりやで小心者なあひるじゃ10秒も持ちません。ノミの心臓が耐えられないと思われます。
[PR]

by nahiru | 2005-04-19 01:07 | 霍建華

ウォレス・フオ

5月20日双葉社から「台湾スターお宝photo Book Vol.1」発売
内容
F4大特集
台湾No1アーティストジェイ・チョウ
台湾スター・グループ・ドラマ・映画ガイド
エンタメ中国語講座 などなど→詳しくはHMVのホームページで

何が1番気になったかって、ここよ!ここここ!↓(HMVより)
★まだいる!台流スター再確認ファイル
チェン・ボーリン/ワン・リーホン/ディラン・クォ/ショウ・ルオ/ラン・ジェンロン/ファン・ジーウェイ/トニー・ヤン/ピーター・ホー/ロイ・チウ/マイク・ハー/エディ・ボン/ジョー・チェン/ウェレス・フオ

建華の名前があることです。
だって
ボーリンは「藍色夏恋」などが日本公開済みだし、「アバウト・ラブ」の公開が控えているでしょ。
リーホンは日本版CDだしてるし、コンサートもしているし、鈴木京香と映画で共演してるでしょ。
ディラン(郭たん)は「鬥魚」でしょ。
ショウ(羅志祥)はリズドラマ「Hi上班女郎」に出演しているしⅡだけど「鬥魚」シリーズに出演してるでしょ。
ラン・ジェンロン(藍正龍)は日本版ではカットされたけど「流星花園」の阿門だし、ZAKZAKによると金沢を舞台にしたドラマに出演とかいう話があるでしょ。
ファン・ジーウェイ(小偉)は「部屋においでよ」の主演だし、確か映画が日本の映画祭で上映されたことあるでしょ(『きらめきの季節』って小偉が出演してる映画)。
トニー・ヤン(祐祐)っていったら「17歳的天空」じゃない!
ピーター・ホーは「エーゲ海の恋」がBS日テレで放送中だし、日本の映画にも出演してるし。
ロイ・チウっていったら台湾では「台湾のタッキー」っていわれているらしいし、「雪地裡の星星」がso-netチャンネルで7月から放送予定らしい。
マイク・ハー(小美)が出演しているドラマ「七年級生」の日本版DVDが発売済み。
ジョー・チェン(小綜・元暢)はリズドラマ「薔薇之恋」に出演しているし、嘘か本当かよくわからないけどいちを「薔薇之恋」日本で放送という記事が1月にあったし(中華な報道なので信憑性はアレだけど)。
で、ウォレス(建華)は「千金百分百」の版権を日本の企業も買ったって記事よんだことあるけど、あひる的には「千金百分百」よりも「海豚湾恋人」の方が面白かったから、できればまず「海豚湾恋人」で動きがあるとありがたいなーって勝手に思っています。日本の雑誌で建華がちゃんと取り上げられるのはこの雑誌が初めてかな?もしかしたら見落としているだけですでに紹介されている可能性もあるけど。いやー、日本の台湾芸能系雑誌で必ず建華についても取り上げて欲しいよ!ってわけではないんですけど、日に日に日本でも台湾の男性俳優も注目され始めている(よね?)のに、ずーっとスルーは悲しいなーと思って。自分で書いて自分で突っ込むのもなんだけど、[スルー悲しい]≒[建華のこと取り上げて欲しい]って式が成り立つような気がした。
↑に書いてきたように日本で作品が放送されたり、出演ドラマがDVD化したりしている俳優ばかりなので建華の出演作品も何か動きがあるのかなーと勝手に考えてしまいました。
エディ・ボンって彭于晏さんのことだと思うんだけど、この人に関しては「愛情白皮書(台湾版あすなろ白書)」「戀香」に出演している俳優さんっていう知識しかないです。


もう1つ、とっても気になったのがHMVレビューの真ん中らへん「今年の夏には、10本近くの台湾映画が公開予定。」
?10本って?F4のが3本で、あと7本は何?
[PR]

by nahiru | 2005-04-17 01:53 | 霍建華

千金百分百 感想

c0023053_2353813.jpg2003年 台湾ドラマ
韋翔:霍建華
莊飛揚:林韋君
梁小鳳:陳喬恩
彼徳:溫兆倫
孟哲林:許孟哲


40話は長すぎ!っていうのが1番の感想。全体的に絶対もっと簡潔な方が面白かったと思いました。
少女マンガと昼ドラの世界を混ぜたようなドラマでした。
物語は双子の姉妹の誕生から始まります。この姉妹を生んだ母親は「代理母」であり、子供は大企業の社長夫婦に渡さなければならない・・・でも双子だから一人はもらっていいよね?ってことでこの姉妹は別々の場所で育つことに。
この双子の姉役でお嬢様として育つのは林韋君さん演じる飛揚、妹役で生みの母と庶民として育つのは陳喬恩さん演じる小鳳。
姉の原型は陳喬恩さんでした。なんと飛揚は恋人(=彼徳)に炎上した車に乗せられ崖から突き落とされ、助かったけど助けてくれた人は精神的におかしな整形医師で3年前に亡くなった医師の娘ソックリに整形されてしまうのです。
そんな飛揚の復讐と素敵な男性との恋がストーリーの中心。復讐部分が昼ドラチック、恋愛部分が少女マンガチックだなと思ったのです。
飛揚と恋に落ち、何かと彼女のサポートをし、わけあって避けられてもしつこく諦めないのが霍建華演じる韋翔。完璧過ぎる人物です。体育会系であり知的であり(だって弁護士)、かっこよくてもてもてだけど飛揚一筋だし、ビックリするほど鋭いし。熱くなりすぎて暴走気味なとこはまあ欠点といえば欠点かな?
いやーとってもビックリしたのが朝の草原で告白のとこ。ドラマみながらこんなに恥ずかしい気分になったのは初めてかも。「愛してるんだー!!!!!」って韋翔が必死な形相で叫ぶんです。もちろん、飛揚に自分を投影してまるで自分がこくられている気分になったわけではないです。そんな寒いことはしないしない。あひるには全く無縁な爽やかさが痛いというか、台湾の方が日本よりも激しいというか。そういえば台湾の新公園でもの凄いイチャイチャしているカップルをみてしまったのを思い出しました。あひるは驚きのあまりじーっとみてしまいました。
あとメソメソメッセージビデオにも驚きました。・・・メソメソしてるんですよ・・・メソメソ・・・・・

「海豚湾恋人」に引き続きこのドラマでも建華たちの敵役は溫兆倫さん。
飛揚を亡き者にして企業をのっとろうと画策。もちろん正義の味方な熱血弁護士で恋人のためなせいか更にヒートアップしている韋翔たちの努力と結束力の前では無力も同然なんだけどね!もしかしたら姉妹の父親殺しをしたのも彼徳かもしれないとなった時はブルブルしましたよ。
この溫兆倫さん演じる彼徳のキャラが中途半端なのが残念。「鬥魚」の阿豹みたいに徹底的に悪に徹して欲しかったな。
あと、病気にはならないで、今の医療技術では手術しても成功率数%な難病にはならないでと願っていたのに1人なってしまいました。病気にして悲劇をうんで泣かせようっていうのはどうなんだろうねえってよく思うんです。だって、こういう病気になるドラマや映画で泣いたためしがないんです。
[PR]

by nahiru | 2005-04-15 21:21 | 台湾ドラマ

水色嘉南 台湾ドラマに関する国内雑誌情報も

「八田與一氏、台湾でドラマ化 水利事業に生涯尽くした技師」(4月13日産経新聞)
本当にドラマ化されるんですね。↑の記事によるとどうやら八田氏の妻外代樹(とよき)夫人役は松田聖子らしい。中華電視ってことは制作するのは華視。
撮影開始は八田氏の命日である5月8日から鳥山頭ダムで。放送開始は来年の5月8日予定。台詞は日本語と台湾語をつかい、中国語字幕をつけて全二十話放送予定。
松田聖子の演技ってみたことないんですが、演技上手い人なのでしょうか?あ、でも「アルマゲドン」でチラっとみたことあるかも。本当にチラっとだけど。チラっとすぎて上手いのかなんなのかよくわからない。
“夫を支える健気な妻”ってイメージもないです。
八田與一役は台湾の俳優楊烈さんという方らしいです(総合新聞網←松田聖子と江霞社長の画像あり)
どんな方なのか調べてみたら・・・巨星私檔案・・・男前ではないですね。
【追記】
松田聖子が、キャンセルしたようです。それに続報を聞かない・・・楽しみにしていたのになあ。

「もっと知りたい!台湾TVドラマ」という雑誌が5月16日に発売されるらしい。
たぶん共同通信社が出版する雑誌。「流星花園」大特集、F4メンバー超ロングインタビューなどが掲載されるらしい。
台湾TVドラマに欠かせない俳優といえばDUNCANや建華(現在、DUNCANは今何やっているのか謎、建華は大陸でお仕事だけど・・・)。きっと彼らが出演した作品も紹介されるハズ!(というか希望) まあ他にも小美や小綜や李威や郭たんや羅志祥や5566や張孝全たんやetc・・・etc・・・挙げていったらキリがないよ!
[PR]

by nahiru | 2005-04-13 13:54 | 台湾ドラマ

ウェークアップ

リンクさせていただいているきょんこさんの「Be all for F4」やwo-woさんの「Hear My Voice」みてビックリ。土曜の朝日テレで放送されている「ウェークアップ」で仔仔の映像が放送されたんですね。
仔仔が淡水紹介していたとか。
・・・メルマガ役立たないなあ~とへこんでいたらみつけちゃった♪動画ファイル♪
時事ニュースをよんでいたら偶然発見。
画像悪かったけどみれました。
仔仔は相変わらず可愛らしい。それに言っていることがとても賢いと思いました。
今度台湾行くことがあったら淡水行こう。
この番組のコメンテーターの方々、いいですね。言いたいことをハッキリと言ってくれて。

HMV渋谷の映像とこ、たぶんあひるすぐそばにいました。CDみようと思ったら撮影中でみれず。日テレだったんですね。
[PR]

by nahiru | 2005-04-03 22:26 | F4