流浪夢の日記


あひるのたわごと      台湾ドラマと台湾で活躍している芸能人が大好きなあひるのブログです。なんとなく、やっています。
by nahiru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
airplane jet..
from airplane jet o..
decorative i..
from decorative iron
administrato..
from administrator ..
build deck d..
from build deck dec..
enigmah vide..
from enigmah videom..
evening oil ..
from evening oil pr..
ren and stim..
from ren and stimpy..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


アサピー

今更な話題ですが、5月25日の朝○新聞に台湾ドラマについての記事が載りましたね。
朝○新聞にF4についての記事がのるのはこれで2度目です(以前のは2003年11月20日の国際面。バネースと孝天が上海で行われたSonyの反盗演唱会で現地の人にとっても人気があった。台湾代表団はAPEC(アジア太平洋経済協力会議)でF4のVCDを配り、アイドル外交をしたなど・・・APEC!?F4は凄いなあって思ったので今だに忘れられない記事です)。
出先で1面の右端に「流星花園」の画像がちっさく載っているの見ちゃって「何事!?」と驚きました。
朝○新聞の勧誘が来ても「うちはおたくの新聞をとることは絶対ないです」と家族に断りもなく追い払っているのに・・・130円で1部買っちゃったよ。

そしてやっぱり買ったことを後悔(笑)
竹之内Pのコメントは興味深かったのですが(ちょこっとだけど)、まさかあの方のコメントがのっているなんで。
あの方、以前「POP AS○A」でペ様と旭を対比させて、ペは持ち上げて、旭は持ち下げる記事を書いたこと、私は忘れられません。旭のこと、顔でかいとか、どんなにお金持ちな役でも貧乏人にみえるとか・・・ペは異常に持ち上げているのにね。
この2人を対比させること自体、おかしいと思いましたけどね。

で、今回もこの方の意見には賛同しかねました。「ASIANシネマ&テレビLIFE2」のこの方のコラムも、どうかと思ったし。
私は、別にそんなに日本の俳優が劣っているとは思いません。日本のドラマにだって面白い作品はあると思います。
結局、ドラマみたいな作品は、見る側の主観も関わってくるもので、ある特定の人物が“言い切って”しまうのはどうかと思うのです。
“言い切って”しまわれると、アジアドラマ好きは皆ああいう意見だと思われるみたいで、私は嫌だなあ。

それに「○のソナタ」のヒットで日本でもアジアドラマに注目されるようにっていうのもどうかと。
世間では「○のソナタ」って2004年の4月頃から注目集めたんですよね?(何度もNHKBSで放送されていたようですが・・・)
「流星花園」が日本で放送が始まったのは2003年10月のBS日テレ。地上波では2004年3月にABC放送で。
というわけで「○のソナタ」が世間で注目される前から「流星花園」の放送は始まっていました。

BS日テレでは台湾ドラマを放送する前から、韓国ドラマを放送していたので、韓国ドラマのファンが、偶然みた台湾ドラマのファンにもなったのかもしれません。
私は韓国ドラマは数作しかみていないので断言はできませんが、台湾ドラマと韓国ドラマの魅力は違うと思っています。
「韓国のドラマは面白い、だから台湾のドラマも面白い」とは台湾のドラマ見ている人すべてに当てはまらないと思います(←私に当てはまらないってだけかもしれないけど・・・)。
なぜなら私の中ではこの2国のドラマは全く別ものという認識があるからです(超主観)。

思い返してみると、BS日テレは当初、HP見た限り、なんかとてもやる気がなさそうな感じでした。
しかし、今では3作も台湾ドラマを放送している状況です。これはそれだけ反響があった結果なのでは?と勝手に憶測しています。
例えば、韓国ドラマを日本のテレビ局が全く放送していなくて、コミックリズの強気な売り込みや、アジア諸国での「流星花園」の人気ぶりから、BS日テレさんが台湾ドラマを放送し始めても、日本の視聴者からの反響はあったんじゃないかな?


話変わって、「POP ASIA 57号」は買う予定です。今日発売だったみたいで、通販サイトでは出荷され始めているようですが、私が見に行った書店にはまだ置いていませんでした。
小美や羅志祥のインタビューがとても楽しみなんです。
そういえば「ジョセフ・チェン」って名前が表紙に書いてあるのですが、これっておそらく「鄭元暢」のことだと思います。公式の英語名が「JOSEPE」になっているので元暢かなって思いました。
[PR]

by nahiru | 2005-05-27 15:46 | 雑談

七剣

「七剣」公式のBBSでみつけた映像。

http://www.dream-movie.com/video/seven.wmv

この映像に、きっとDuncanもいると思うのですが、画像が悪すぎてどれかわからない。
もしかしたら、いないのかもしれないけど。

Duncanが演じる穆郎は、たぶん明るい人物。
とにかく早く公開して欲しい。そうすれば、すぐにDVDも発売されるだろうし。
[PR]

by nahiru | 2005-05-26 00:31 | DUNCAN(周群達)

Energyってば。。。

寝る前に、聯合追星網をチェックしてたら・・・

More
[PR]

by nahiru | 2005-05-24 23:38 | 台湾男前

「もっと知りたい!台湾TVドラマ」と「台湾スターお宝PHOTO BOOK」

今週は3冊雑誌を買いました。
「F2A」と「もっと知りたい!台湾TVドラマ」と「台湾スターお宝PHOTO BOOK」です。
「もっと知りたい!台湾TVドラマ」は内容が結構充実してました。「もっと知りたい!F4出演ドラマ+ドリアン」って感じでした。
とにかくインタビューが充実。やっぱり芸能界で成功している人たちってしっかりと自分をもっているっというか、根性ありそうだなあと改めて思いました。レイニーちゃんの自己アピール凄い、私のように自己アピールするのが苦手な人間にはひたすら羨ましい限りです。
許紹洋さんのタミー・チェンさんは「僕もちょっと恐い」という発言は笑ってしまいました。うるさいおじさんって思われていたんだもんね・・・。
ちょこっとですが「海豚湾恋人」の紹介があったし、祐祐と小鬼のインタビューがあったのも嬉しかったです。祐祐たちのインタビューって去年の東京国際映画祭の来日の時のものなんですね!祐祐の発言は日本人心をくすぐるものでした(私だけかもしれないけど)。なんか日本の近所に台湾があって本当によかったっていうの?そこまで言ったら飛躍しすぎかもしれないけど。祐祐ったら、ちゃんと実家の宣伝もしていてまさに「孝行息子」。行きたいよ、非常に行きたいよ。

「台湾スターお宝PHOTO BOOK」はまだパラっと見ただけですが、既に大きな間違いがあるんですけど。
小美はもう台中体育学院は辞めて、仔仔も通っている学校の生徒。
建華は1978年生まれじゃなくて、1979年生まれだよ!1年かもしれないけど、先日年齢を1歳ごまかしそうになったあひるにとっては1年の違いはとても重要!(←・・・サムイ)

あと、祐祐と建華は「麻辣鮮師」(邦題は「明星★学園」)に出演しているんじゃなかったけ?その「明星★学園」の紹介のとこに羅志祥の名前が。まさか、羅志祥の出演回も収録してくれるのだろうか・・・それならDVD買うんだけどなあ。

ボソッ
[PR]

by nahiru | 2005-05-20 20:42 | 台湾男前

バレンタインデー

先週の土曜日、ホームドラマチャンネルの仔仔来日スペシャルみることができました。
仔仔はかっこいいし、生でみちゃった大Sは可愛いとしか思えない。
仔仔はバレンタインデーに恋人と過ごしたことがあまりないそうです。
そういえば台湾では、日本とは違い、男性が女性に贈り物をする場合が多いらしいです。以前このことを友人に話したら「日本は女性が男性に贈り物をする日でよかった」と言っていました。何ももらえなくて強がっているより、何もあげないで強がっている方が気分がいいからだそう・・・確かに。

今年2月13日の娯楽@亞州。おそらく台湾でのバレンタインデーの料理&過ごし方についてでした。
鄭元暢&阮經天 謎のアイス
c0023053_2222144.jpgイタズラ中の小綜。前にも書きましたが、小綜と小天が謎のアイスデザートを食しています。台湾の男性が女性のために作るというか贈るデザートだったんでしょうか?もしかしたらゲ○の人たちの過ごし方なのかも!?とも憶測してしまいました。ごめんなさい。

王心凌 カレーライスを作る
c0023053_0315028.jpgHoney王心凌はブロッコリーのせカレーライスと苺にチョコを付けたデザートを作っていました。王心凌とデートしている気分になれる演出で(たぶん)、私は范偉植の気分を味わいました。仔仔は「日本のカリースキスキカリカリカリカリ~」って言っていたけど、台湾でも日本風カレー作ろうと思えば作れるんじゃないのかな?日本迷がいくらでも作ってあげるって。

c0023053_0595821.jpg台湾のスーパーにもバーモンドカレーやジャワカレーが売られているんですね。ちなみに王心凌は「バーモンドカレー」を買っていました。やっぱりHoneyだからバーモンドカレーを?
カレーっていうと、合宿行くと必ず1食は食膳に並ぶというイメージがあります。京都のお寺で合宿した時もカレーが。

張紹涵&霍建華 プリクラc0023053_1284359.jpg
張紹涵と建華はプリクラ~。「海豚湾恋人」の役柄で登場でした。まだ完了していないのにプリクラの完成品がでてくるのを15分も待っている姿がとても可愛らしかったです。この時、建華が「コノヤロー」と知っている日本語を披露していました。日本に行った時に覚えたっぽいこと言っていたけど(たぶん)、もっと美しい言葉を覚えて帰って欲しかったよう。

c0023053_1355199.jpgあんなにかっこいいのに、アンジェラちゃん(張紹涵さんの英語名)の頭になんかのっけて、ウォレスさんはとても楽しそうでした。こういうギャップもステキなんですけどね。ウォレスさんは終始ハイテンションでした。



この時期にバレンタインデーのこと書くなんて、なんて季節感がないんでしょう・・・と自分で思いました。
[PR]

by nahiru | 2005-05-16 22:07 | 雑談

山田太郎ものがたり~貧窮貴公子~

日本アジア航空のHPみにいったら、台湾便りのページに「韓流の次は華流?大ブレイク寸前の台湾芸能情報TVドラマ特集」というのが載っていました。
「戦神~MARS~」と「薔薇之恋」と「鬥魚Ⅰ」のあらすじやちょっとしたロケ地紹介などです。
どうしても“韓流の次”という飾り言葉が付くんですね。でも韓流というかペ様の売り方は反面教師になるかも。写真集が異常に高い値段だとか、クマ人形売り出したりとか、クリスタルグッズ売ったりとか・・・こんな馬鹿みたいなことやるとは思えないから反面教師にもならないよ( ´Д`)

今日の夕方放送していた「山田太郎ものがたり~貧窮貴公子~」では仔仔来日スペシャル放送されませんでした。録画しといたビデオみてガッカリ。放送されない回もあるんだT-T次は土曜日。忘れないようにしなければ。
BS日テレで既に放送済みですが、「山田太郎ものがたり」の原作者の森永さんは「戦神」の仙台ロケにまで参加されるステキ漫画家なので、「貧窮貴公子」が日本で放送されるのはとても嬉しいです。確か以前、台湾の新聞に森永さんが角川に「貧窮貴公子」の権利を買ってと頼んでいるというのが載ったことがありました(ソースは私の脳内、、、うわー信用度ガタ落ち)。
せっかく「F4@TOKYO」は角川から出版されるんだから、森永さんのメッセージがこの写真集に掲載されたら嬉しいなあと勝手に希望しています。
[PR]

by nahiru | 2005-05-12 23:04 | 雑談

覚えきれない

来週は雑誌の発売ラッシュですね。

「中国語会話」の戦神キャストインタビューは無事みれましたが、ホームドラマチャンネルの仔仔来日スペシャルは今まですっかり忘れていました。でも大丈夫♪リピート放送があるから♪
「関西はいいな~いろんな番組で孝天みれて」って羨ましがっていたのに、肝心の仔仔映像見逃していたら1週間はへこんでいたかも。それにしてもレイニーちゃん可愛かったなあ、特に「(某ジャニグループが)だぁ~いスキ」・・・って言っていたところが・・・( ゚д゚)ハッ←言っていたらしいに訂正。そういえば今日からTORO主演の「雪天使」も同じくホームドラマチャンネルで放送開始。結局、雪天使というのは、氷に入っている花のことでいいの?肝心なとこがよくわからなかったので、日本語字幕堪能しなければ。そういえば、ホームドラマチャンネルHPの「雪天使」のあらすじ間違っていると思うんですけど。“交通事故”って韓ドラじゃないんだから。あれは崖から心中じゃなかったけ?ドラマの展開にもの凄く驚かされたのをよく覚えています。あとTORO白馬で登場にもかなりビックリしました。白馬ですよ、白馬・・・白馬。

覚えきれないので今日からちゃんと手帳にメモることにしました。
銭が飛んでいきそうな予感。

銭が飛んでいくのは悲しいことだけど、やっぱり日本の雑誌に取り上げてもらうのは素直に嬉しい。
「MOVIE STAR」は昔は香港芸能人が載っていたけど、去年あたりから韓国芸能人がとってかわり、今年は台湾芸能人というかF4が載り、今後「17歳的天空」の公開もあるから、祐祐やDuncanだって載るかもしれない。というかインタビューしてよ!
前は「MOVIE STAR」に「流星花園」のドラマ紹介がちょこっと載っただけで嬉しかったのに,贅沢になったものです。「MOVIE STAR」はよく読む雑誌です。昔ハリウッド映画ばかり見ていましたから。
[PR]

by nahiru | 2005-05-11 21:46 | F4

鬥魚&鬥魚Ⅱ 感想

c0023053_0375917.jpg2004年 台湾ドラマ
導演 柯翰辰
出演 于皓:郭品超 飾
    裴語燕:安以軒 飾
    楊勲奇:張勛傑 飾
    陸綺紅:陸明君 飾
    單立傑:藍正龍 飾
    阿豹:謝承均 飾
     Ⅱ
                            袁承烈:羅志祥 飾
                            洪蕾蕾:唐以菲 飾

鑑賞途中はこんなこと書いてたんですね。
「特にこの三人がかっこいいとは思わないのですが」と思っていたんですけど・・・見終わった後「かっこいい、特に阿奇(張勛傑飾)」となりました。最後、農作業している阿奇にウットリでしたよ。あ、もちろん郭たんもかっこよかったんですよ。でもねー郭たんが演じたが于皓は単純過ぎてねー(まさかあんなベタな騙され方するとは)。

高校生たちが、ヤクザの世界へ足を踏み入れ、そのために葛藤する姿を描いたドラマです。
于皓・阿奇・單子の仲良し3人組は恵まれない家庭に育った少年たち。ある出来事をきっかけに彼らとは正反対のお嬢様育ちの小燕子(安以軒飾)と于皓は出会い駆け落ち。于皓たちに何かと因縁を付けてくる阿豹(謝承均飾)との対立がきっかけとなりヤクザの世界へ。

こういうストーリーなので、ハッピーエンドにはならないんだろうなー、もしくは于皓たちが足を洗えば、ハッピーエンドになるだろうと勝手に予想しながらみてました。
おそらく台湾では主に10代の人たちがみていたドラマだと思います(想像ですけど)。なので、ああいう世界を変に美化してはならないと思います。あの世界にいる限り、彼らは常に悩み苦しみ葛藤と戦わなければならない。彼らが苦しむことで、警告になるんじゃないのかな?

「鬥魚」の前半部分、郭たんたちは高校生です。大型バイクで通学する高校生です。
ちょっと昔っぽい感じだなっと思いました。以前の日本の中高生更生ドラマを見ているような感じというのかな。ヤクザの世界に入っても、于皓たちは真っすぐでいようとしています。

張勛傑さん演じる阿奇と明君姐さん演じる紅豆のキャラがドラマを明るくしてくれています。

Ⅱは前作の途中部分をえがいたドラマです。「つまらないかもー」と不安だったのですが、面白かったです。于皓と小燕子のイチャツキ度がUPしているように思えました。
羅志祥は潜入捜査官役。羅志祥が小柄に見えて新鮮です。それはきっと郭たんがとってもデカイから。でも郭たん、とっても小顔。
羅志祥は幼稚園児のコスプレしてキャッキャキャッキャ言っている人とは思えないかっこよさでした。
しかし、ラストは気に入らない。羅志祥演じる阿烈があまりにもかわいそうです。
[PR]

by nahiru | 2005-05-06 00:16 | 台湾ドラマ