流浪夢の日記


あひるのたわごと      台湾ドラマと台湾で活躍している芸能人が大好きなあひるのブログです。なんとなく、やっています。
by nahiru
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
airplane jet..
from airplane jet o..
decorative i..
from decorative iron
administrato..
from administrator ..
build deck d..
from build deck dec..
enigmah vide..
from enigmah videom..
evening oil ..
from evening oil pr..
ren and stim..
from ren and stimpy..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


我的秘密花園

yahoo!ニュースみていたらビックリ。
「台湾ドラマ「秘密の花園」がBIGLOBEに登場~人気のラブコメ」
これって建華が霍建華で出演しているドラマです。
う~ん、建華の出演している回だけみたいな。そういうのは可能なのか?

たぶんここが公式で、劇照には建華の画像もあります。

いつのまにやらアジア明星っていうページまでできてるし。「原味の夏天」がすでに配信されているし。来年の今頃はもっと気軽に台湾ドラマを日本でも楽しめるようになるのかもしれない。

今朝、めざましテレビで「頭文字D」の映像が少しながれました。
ボーっとみていたら杉浦先輩(貧窮貴公子~山田太郎ものがたり)が映っていてビックリ。あれは、間違いなく杉浦先輩でした。
蝶ネクタイは「香港などでの興行成績はSW3を抜き1位。これは台湾の人気歌手ジェイ・チョウが主演だから」というようなことを言っていました。
日本の公式も本格的に起動し始めたし、日本公開が楽しみで楽しみで待ち遠しい。
香港や台湾やマレーシアなどの人たちが羨ましいです。今月は「頭文字D」公開だし、来月は「七剣」も公開で。
[PR]

by nahiru | 2005-06-28 00:26 | 台湾ドラマ

アジアン台風 感想

先月に引き続き、今月も台湾芸能雑誌発売ラッシュ。
1番楽しみにしていたのが「アジアン台風」。
台風っていうと農作物への被害や水害、人命も奪われる熱帯性低気圧の一種のことをついつい思い浮かべてしまいあまり好きではない言葉ですが、「アジアン台風」はカモン(゜Д゜)щ。でした。
なぜならダンカンのインタビューがあるから♪

Duncan以外もインタビューが結構充実していて満足できました。

孝天が「中国語はそんなに難しくない」といっていたようですが・・・とっても難しいと思うのですが・・・。「早く流暢にしゃべれるようになって」って、才能があるかないかで習得するまでの時間が個人個人違ってくると思う・・・。
今日、「しゃべれないお婆さんが公衆電話の前で困っているみたいなのですが、私にはどうしたらいいかわからなくて」と女性に話しかけられ、そのお婆さんに話かけてみると手振り身振りで何か私に伝えようとしてきました。アドレス帳を渡されて、そこには簡体文字が書かれていたので、もしやと思い「你是中国人ロ馬?」と中国語で話掛けてみたのですが、伝わりませんでした(つД`)。伝わらなかったみたいなのですが、中国語で話しはじめてくれました。(「何いってるの?」っていうようなこと言ってました。たぶん。) リアル世界での出来事なのに「字幕欲しい・・・」と思ってしまいました。中国語の発音って難しいよぅ!!孝天!! いつか台湾の芸能人に話掛けれる機会があひるに訪れたら、中国語であんなことやこんなことを言いたいなと夢みているのに、このままじゃ絶対通じない!!

郭たんのインタビューは、郭たんの人柄の良さが垣間見えるような気がしました。日本でファンが増えてきているといわれ「えっ!」っと驚いたり、インタビュアに「ボクに会ってどう感じましたか?」って聞いた郭たんは、なんだかステキだなっと思いました。

Duncanのインタビュー、やっぱりDuncanって優しい微笑みを振りまいているんですねー。
で、Duncanが「Mr.インクレディブル」が面白かったといっていたのでスキンを変えてみました(単純)。一週間ほどで前のスキンに戻す予定です。
「ゆっくりと別の道へ」発言は私も驚きました。別の道へ本当に行ってしまっても、たまに戻ってきて欲しい・・・。

小綜のインタビューにあった「CDを出すという計画もある」・・・是非出して欲しい。真面目(?)というか普通のCDではなく、あっと驚かされそうなCD発売希望。
[PR]

by nahiru | 2005-06-27 21:22 | 台湾男前

憂憂愁愁的走了 Leaving in Sorrow

2001年 香港映画
導演 崔允信
出演 余文楽
    何華超
    登勤(=周群達Duncan)


確か買ったのは去年の暮れ。さっさとみればよかったのに何故なかなかみなかったのかというと、まずパッケージの開け方がわからなかったから。
その次が、「リージョン5ってこと!?」って心配になったから。パソコンではリージョンALLかリージョン3のDVDしか再生したくないので、DVDデッキに入れて再生してみたら画像が激しくぶれてとてもみれなかったのです。
そろそろみなければと思い切ってパソコンで再生してみました。おそらくリージョンALLです。

映画の感想なのですが・・・意味わからない映画でした。いったい何がいいたい映画なのか・・・よくわからなかったです。
私の語学力理解力の欠如がわからなかった原因で、実はとっても素晴らしい作品の可能性もあります。

Duncanの演じているRayは、たぶん会社員で・・・エロい人。
女の人を次から次へと。かっこいいから女の人も簡単に落とせちゃう♪
欧米系のセクシー女性からアジア系のお姐さんだってOK♪

c0023053_2345460.jpgRayたんナンパ中。この後ナンパに成功!
そして・゚・(つД`)・゚・グスン

c0023053_23523675.jpgネコさんとRayたん。
この前に・・・・゚・(つД`)・゚・グスンと思いつつ・・・(・∀・)ニヤニヤ

c0023053_22273951.jpgくつ下白じゃなくてよかったー。

c0023053_23545096.jpgRayたんの部屋にドラ○ちゃん&し○かちゃん&の○太君の置物。

c0023053_22301126.jpgc0023053_22311120.jpgRayたんの会社にも。

[PR]

by nahiru | 2005-06-25 23:42 | 香港映画

男前の古装姿が大好きなようです。

あれから約3ヶ月。
いつの間にかtom娯楽の投票中心「台湾の新世代アイドルで、あなたが1番好きな人は?」の結果が大きく変ってました。
c0023053_22361624.jpg
2005年6月22日午後9時の結果
小綜・羅志祥はダウン。そして・・・郭たん・゚・(つД`)・゚・「鬥魚」よかったよ・・・張勛傑の方がかっこいいなあと思ってしまったけど。郭たんのCDだって宝くじでも当らない限り買わないかもしれないけど。
なにより凄いのは約1千万票以上投票されていることだと思う。

c0023053_22271348.jpg←新浪網より
大きく票を伸ばしていた建華たん。ただいま大陸で古装ドラマの撮影中です(風塵三俠之紅拂女)。
今回のドラマは隋末から唐初期が舞台のようです。
建華演じる「李靖」はたぶん実在の人物だと思います。最近時間がなくてちゃんと調べてないのですが、唐の李世民(太祖)に仕えた武将だと思います(違ってたらスイマセン)。
ちゃんと調べたらUPする予定です。
「天下第一」の一刀たんは明の時代の人でした。李靖は髪型といい衣装といい全然違いますねー。私は一刀たんのルックスの方が好きです。

c0023053_2374270.jpg「七剣」公式より→
この映画の舞台は清の頃らしい。
→のDuncanはなんだ険しい表情です。Duncanの持っているモノは何だろう?
何度も書いてるけど、「はやく動いている穆郎たんがみたい!!」(ここでちょこっとみることができます。七剣BBSでみつけました)
「七剣」は中国・香港・台湾・マレーシアでは7月29日、シンガポーとタイでは8月に公開らしいです。



私が1番好きな香港映画は「少林サッカー」で、2番目は王家衛監督の「楽園の瑕」だったりします。正直ストーリーはよくわからなかったのですが、あの不思議な世界観が大好きなのです。張國榮・梁朝偉・張學友・張曼玉・梁家輝・劉嘉玲と香港芸能に疎い私でもキャストが豪華で驚きます(ちなみに好きなハリウッド映画はジョニーが出演している映画や「メンフィス・ベル」「ホット★ショット」「ロード・オブ・ザ・リング」などなど)。特に張國榮と梁朝偉の古装姿は美しいと思いました。
今、チャンネルNECOで放送中の「天龍八部」をみているのですが、前は「射[周鳥]英雄伝」が放送されていたようで、みたかったなーと後悔しています。

ところでスカパーの華流ページで、ジェイとリーホンと陶喆をあわせて「御三家」って書かれるのが嫌なんですけど・・・。古臭い。「御三家」っていうのは「尾張・紀伊・水戸」という徳川家の親藩のことを指す言葉であって、ステキ歌手をまとめていうために使う言葉ではないと思う。。。
[PR]

by nahiru | 2005-06-22 23:01 | 台湾男前

何月公開なの?

「17歳的天空」の日本での配給会社Art PortさんのホームページのLINE UP(公開予定作品)のページが更新されてました→こちら
「17歳的天空」も紹介されてます。
日本では
小天→ティエン
白鐵男→バイ(「男人的好」のMVを思い出す・・・)
小宇→ユウ

って名前になるみたいです。

今年中には公開確実なのかな~。
今年ももう半年、残り半年。半年なんてあっという間。
はやく具体的な情報を知りたいです。

17日の「娯楽新聞」と「亜洲@娯楽」にダンカンのニュース映像が。
香港(?)でビビアンとアンディー・ラウと仕事するんですか?(よくわからなかった)
よくわからないけど楽しみ♪
[PR]

by nahiru | 2005-06-18 02:19 | 台湾映画

あれから半年。

あれから半年。
15日、香港で行われた百事のイベントで、今度は旭が仔仔へ「首に噛み付く」という珍しいお誕生日プレゼントをあげたみたいです。

この日のために、以前から計画していたのか、それとも仔仔をみていたらそんな気分になったのか、いったいどうしたらああいう面白いことができるのか、非常に知りたいです。

仔仔に何かしてもらったり、イタズラしちゃったりすると馬鹿みたいに嬉しそうな表情になる旭、そんな旭があひるは大好きです。

今回はこの2人+古天楽の3人だったのに、ニュース映像や画像を見る限り、2人の世界で楽しんでいるように見えました。
仔仔は自分と旭の仲は「我們是同袍之情」だと言ったそうです(聯合追星網)。袍であって志ではなかったです。
「同袍」っていう言葉を調べてみたら、1枚の着物を貸し合いするほど仲良し、親友という意味らしい。仔仔は「ボクたちとってもとっても仲良しなんだ」って言ってたんですねえ・・・ビックリするくらい仲良しですよねぇ。

c0023053_13543422.jpg新浪網より

旭(´▽`)。○(手の掛かる子だなあ)

c0023053_13593190.jpg新浪網より

仔\(^-^)/
旭(´▽`)。○(可愛いなあ)

c0023053_0574760.jpgtom.comより

旭(`・ω・´) シャキーン

この後の満足気な旭の表情もステキでした。

c0023053_134936.jpg新浪網より

旭ヽ(`Д´)ノ
旭゚Д゚)y─┛㌧~~古仔


c0023053_14124014.jpg新浪網より

旭(≧∀≦)
仔・゚・(つД`)・゚・
古仔┐(´ー`)┌

c0023053_14513855.jpg聯合追星網より

吸血鬼がいるみたいですね。




蘋果日報
tom.com
新浪網
百事公式
[PR]

by nahiru | 2005-06-17 14:16 | F4

白色巨塔

全然話題にしていませんでしたが、旭の新ドラマ「白色巨塔」、とても楽しみなドラマです。
旭が外科医で既婚者って設定らしいじゃないですか。おいしい・・・おいしい設定だ(表現の仕方がおかしいと自分でもわかっています)。
今までにない役柄だし、医者=白衣っていうのもいいですねえ。あんなに男前で長身の医者がいたら、もてる以外考えられません。
まあ、私は「做頭」の美容師建華のとき同様、実際にあんなかっこいいお医者さんが目の前に現れたら逃げ出してしまうと思います(超小心者)。

14日の聯合追星網に、フジテレビがこのドラマを買おうとしているっていう記事がありました。本当だといいなあ。日本でも放送して欲しい。F4ファン以外には「白い巨塔」と混同されそうだけど。私も混同してたけど。
どうやら、今回のドラマは台湾の作家による作品が原作で、山崎豊子さんの作品とは関係ないらしいです。しかし、ここを読むと「旭は唐沢寿明の方、名声を得るためには手段を選ばない医師」を演じるっぽいことが書いてあります(なんか内地版「白色巨塔」っていうのも書いてあるのですが・・・)。よくわからないけど、野心的なお医者さんを旭は演じるのだろうか。それもおいしい。
中華な記事だから、どこまで本当かあやしいものだけど。

医療機関が舞台の上、題名見たかんじ(台湾で唐沢&江口版を「白色巨塔」という題で放送してたみたいです)、少なからず山崎豊子さんの作品から影響受けているのでは?と勝手に想像してしまいます。
日本のドラマのリメイクではなく、台湾オリジナルといわれても、題名似すぎ!というか同じぃ!
ストーリーが日本のものとれくらい違うのかが、とっても気になります(オリジナルっていうならどんなストーリーなんだろうか?っと)。
なによりも旭が白衣で動いている姿がはやく見たいので、早く撮影終わらせてちょーだい。

今日(15日)、BSフジで唐沢&江口版の「白い巨塔」をちょこっとだけみましたが、Duncanってどことなく江口○介に似てるね。親戚ですといわれたら信じてしまいそう。
もし、Duncanが台湾版「白色巨塔」に出演していたら、それこそ「役者まで似たのそろえたのか」と混同されそう。Duncanの医者姿もいつか見てみたい。
c0023053_22131317.jpg
               新浪網より
[PR]

by nahiru | 2005-06-14 20:39 | 台湾ドラマ

愛情合約

c0023053_229199.jpg2004年 台湾ドラマ
導演    許肇任
出演
 阿ken  賀軍翔
 小風   林依晨
 阿凱   張睿家
 心蕾   鐘欣愉
 小白   賴智煒
 木頭   林逸宏
 曉雲   郭妃麗
公式ホームページ

阿KENはなんであんなにヒステリックな女が好きなんだろう?っていうのが1番気になったドラマ。阿KENが小風のことを好きになったきっかけは、劇中ちゃんと描かれていたけど。でも小風がもっと素直なら、あんなことにはならなかったかもしれないし。

小風が激しい性格じゃないと、阿凱達が水泳部部長の阿kenに「愛情合約」を依頼することはなかっただろうし、そうするとこのドラマは成り立たないんですけどね。
剣道部の小風は男勝りな性格。小風の性格矯正のために、阿凱達は小風の誕生日プレゼントとして、同じく強烈な性格の持ち主阿kenを送り込むことにする。阿kenに小風と恋愛するよう依頼したのだ。水泳大会に出場するためのメンバーが欲しい阿kenはしぶしぶこの依頼を承諾。恋愛をし、失恋をすることで小風の性格を女らしくするはずが、阿kenは小風を本気で愛するようになる・・・というストーリーだと思われます。

この2人の恋愛だけでなく、剣道部の仲間たちの恋愛模様も複雑に入り組んで、途中までそれを追うのが大変でした。
この剣道部の男子部員たち、よく見るとかっこよかったです。女の子たちも可愛かったし。
そういえば、大学生頃、仲良かった友人達は私以外皆、サークルや部活で恋人作っていました。私が入っていた茶道部の先輩達にも何組かいたし、その頃を思い出しながらドラマみると、リアルに見えてくるというか、何故私は・・・とちょっと切なくなってしまいました。恋愛なんて無縁でしたからねえ。

阿kenを演じる小美こと賀軍翔の演技はウマいのかヘタなのか・・・私はヘタなんじゃないかな?と思いました。ヘタだけど、それをカバーするだけの天性の魅力があるというのかな。人を惹き付けるものを持っていそう。褒めすぎ?たまに阿kenが凄くはしゃいでいて、「これは阿kenというより小美だろ」っと思ってしまいました。

このドラマをみ始めたのは、確か去年の夏ごろ、TVB大富で放送していた時。あの頃は「求婚事務所」を熱心にみていて、後回しにしてしまいました。小美が出演しているし、つまらないドラマではないのですが、何故こんなに見終わるのに時間かかってしまったかというと・・・・・・ラストどうなるか気付いてしまったせいかもしれない。あるMVのおかげで。ラストの方は、いつああなるんだろう?ああなるということは、きっとアレだよね?っとハラハラしながら鑑賞・・・予想大的中。小白の馬鹿ー!!

何故、阿kenは最後、ああいう選択をしてしまったのか、私には理解できないです。「阿kenなにしてるのー!!!」と思ったら、あれ?って展開になり、「チョットマッテー!(日本語) 再等一下~(もう一回待って~)」と阿kenの台詞が入り、ああよかった~と思ったら、「なんで小白がいるの!・・・奇跡がおこったわけではなくきっとあの世での出来事(激しく激しくネタバレ)なのね」と私はメソメソ。
c0023053_22332558.jpg

阿kenの両親は日本の華僑という設定らしい。幼い頃は日本で育った阿ken。お母さん役の女優さんはとっても日本語が上手かったです。叔父さん役の俳優さんは名前から察するに日本人っぽいです。
[PR]

by nahiru | 2005-06-12 22:31 | 台湾ドラマ

仔仔生日快楽!Johnny Depp Happy Birthday!★★

今日は仔仔のお誕生日♪
私が台湾芸能に興味持ったきっかけは仔仔の美貌。
あの時、仔仔のポスターに一目惚れしていなければ、こんな面白い世界を知ることはなかったかもしれません。
私にとって仔仔は、ある意味恩人です。

そして今日はもう1人、ある大物俳優のお誕生日でもあります。
それはジョニー・デップ。
私が世界1好きな俳優。ファンになったきっかけは「ギルバート・グレイプ」という映画でした。


そんなわけで、今日はいい日だ。
[PR]

by nahiru | 2005-06-09 13:41 | F4

アジアン台風 ダンカン

「アジアン台風」
6月27日発売 ¥1200 日本文芸社 

HMVより
★台湾直送独占インタビュー
ディラン・クォ『アウトサイダーズ』/ショウ・ルオ『アウトサイダーズⅡ』/ダンカン『フォーミュラ17』/エディ・ポン『あすなろ白書(台湾)』ジョセフ・チェン『薔薇之戀』/イーサン・ルァン『米迦勒之舞』/ファン・ジーウェイ『101次求婚』


ダンカンだよ!しかもインタビュー♪
いや、もちろん祐祐でもとっても嬉しいんだけど、同じくらい映画の中でDuncanも活躍しているだから、どこかの雑誌が彼にも注目してくれてもいいんじゃない?って思っていたので嬉しいです。

・・・それとも祐祐は忙しくて、暇そうなDuncanにしかインタビューできなかったなんてことじゃないといいけど。

アクターズ・スタイル台湾
★6月30日発売 竹書房 ¥1300

HMVより
★注目台湾スターカタログ
 トニー・ヤン/ウォレス・フォ/ラン・ジェンロン/ショウ・ルオ/リー・ウェイ/ファン・チーウェイ ほか


ウォレスさんがいます。もしかしたら“ほか”にダンカンが入っている可能性もありますね(なんとなく)。

こっちにも郭たんのインタ有りみたいなんですよ。版権買われた作品の主演は凄いね!


それにしても次々、色々な出版社から台湾芸能雑誌が発売される。
[PR]

by nahiru | 2005-06-04 15:47 | DUNCAN(周群達)