流浪夢の日記


あひるのたわごと      台湾ドラマと台湾で活躍している芸能人が大好きなあひるのブログです。なんとなく、やっています。
by nahiru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
airplane jet..
from airplane jet o..
decorative i..
from decorative iron
administrato..
from administrator ..
build deck d..
from build deck dec..
enigmah vide..
from enigmah videom..
evening oil ..
from evening oil pr..
ren and stim..
from ren and stimpy..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


桃色蛋白質の周群達

c0023053_20492722.jpgDUNCANは「爸是~」と言ったのに、陶子に「巴士~」と聞こえたとつっこまれてました。巴士というのは「バス」のことです。中国語の発音はホント難しいよぅ
・゚・(つД`)・゚・

c0023053_2054688.jpg「17歳的天空」出演後、そっち系の方々に親しげに話し掛けられるらしい。二の腕さすられながら「仕事は順調?」と心配してもらえるらしい(´▽`)いいなあ
c0023053_20561478.jpg台湾へ渡ってきたばかりのころ、陶子の家でよくご飯食べさせてもらっていたらしい。「陶子姐、中国語がまだ上手くしゃべれないよぅ><」と悩みを打ち明けていたDUNCAN。
c0023053_212558.jpgやはり陶子の家で食事をしながら悩みを打ち明けていたらしい。「陶子姐、男とキスしなきゃならなくなったよぅ(T-T)」

c0023053_22381021.jpg「七剣」の撮影中も微笑んでいたDUNCAN。

c0023053_2174389.jpg人を笑わすことが好きなDUNCAN。モノマネだって得意!
←これは徐克(ツイ・ハーク)監督のモノマネ!似てる!!(かどうかは私にはわからない)
目がいっちゃってる人ではないです。
c0023053_218181.jpgまだまだ徐克(ツイ・ハーク)監督のモノマネ中!撮影中、よく監督の動きを研究していた成果ですね!学生時代、授業は真面目に聞かないで、先生の動きの特徴を熱心に研究していたことを思い出しました。
c0023053_2182061.jpg今度は黎明(レオン・ライ)のモノマネ。監督ばかりでなく共演者の動きも熱心に研究していたようです。
私もよく友人たちの動きを熱心に見ています。嫌な顔されます。
c0023053_2185280.jpg甄子丹(ドニー・イェン)のモノマネ。先輩たちのこと、熱心に研究してたんですね!流石DUNCAN!! 似ているかどうかは謎だけど。きっと上手く特徴を掴んでいることでしょう!

c0023053_2193244.jpg「七剣」の撮影中、DUNCANにピンチが!!エキストラの長矛がDUNCANの喉に当たったらしい!もう少し当る場所がずれていたら大変なことになってしまっていたかも。命懸けです。さすがにDUNCANの表情から笑顔が消えています。
c0023053_2195350.jpg「七剣」の撮影中、高山病にかかってしまったらしい。しかし、あまりにも寒くて自分が高山病だってこと忘れてたんだって。女性じゃないから黎明は助けてくれなかったんだって。
c0023053_21101824.jpg自作RAPを披露してくれました。多才ですね!
c0023053_21103949.jpgそして歌ってもくれました!(「七剣」の英文歌?) 「本当に歌うの?」とちょっと照れながらも歌ってくれました。曲も作るし歌も歌うんならCD出しちゃえばいいのに。
c0023053_2111828.jpgDUNCANとビビアンが共演したお茶のCM。台湾(?)のCMなのに日本語です。なのでDNCANは一言もしゃべっていません。何言っているのかわからなかったそうです。私にはDUNCANがいる必要はあったのか?とちょっと思えるCMだったりします・・・(ゴメンDUNCANm(_ _)m)。DUNCANの次回作「人魚朵朵」はビビアンと共演。
c0023053_21112967.jpgDUNCANはサービス精神大盛な人みたいです。やれといわれたら何でもやってくれるDUNCAN(≧∀≦)
c0023053_21115082.jpg最後は女性チーム対男性チームで、何の真似をしているのか当てるというゲームをしていました。
←徐克監督の真似をしているDUNCAN。なかなか当ててもらえませんでした。・・・実は似てないんじゃないのかな?下は陶子がしゃべっていることの字幕です。色狼って・・・。

結論:楽しかったです。「七剣」ますますみたくなりました。
「康熙来了」を探しにいかなければ。
[PR]

by nahiru | 2005-07-31 22:55 | DUNCAN(周群達)

しみじみとしてみる

今夜の「桃色蛋白質」はダンカンですね!

1年前の7月31日が台湾での「戦神」の初回放送日でした。
あの頃は日本で放送されるのかどうか疑っていましたが、BS日テレで絶賛放送中ですよ。
「戦神」で綺羅が描いた零の絵をみて「色白のタイのムエタイ」とか思っていたあひる。
それが今じゃ日本でオークションに掛けられているんですよ(だっけ?)。
旭のソロCDがなかなか発売にならなくて苛立っていたのに、今じゃうちに2枚あります。
「来年は台湾芸能人も日本での知名度がUPするのかな?」とあひるは思っていたみたいだけど、F4の知名度は確実にUPしたのではないでしょうか?あとジェイの名前もよくみかけるような気がする。あとはまだまだのような気がするけど。

さらに前のことを色々思い出してみると、「都のかほり」でF4の「Can't Help Falling In Love」が流れただけでお礼メール送ったり。
そういえば「流星雨」のDVDが欲しくてお店の人に問い合わせてみたら「1ヶ月くらいかかります」と言われ「いくらでも待ちます!」とお願いしてなんとか手に入れたのに、今じゃ日本版が発売中。
旭が長期休暇をとった時、日本にボイストレーニングにきているという情報がながれ、歩きながらソワソワ落ち着かない日々を過ごしたことがあります。結局旭はどの辺にいたのかよくわかりませんでした。仕方のないことだけど。約2年ちょっと前のこと。あの頃はまさかF4が日本デビューするなんて少しも考えていなかった。今では「F4@Tokyo」っていう写真集を日本で発売。この写真集みれば今年の4月の来日時にF4はどの辺で撮影していたのかわかるんですよね。
ビビアンと仔仔と孝天がドラマで共演するという噂がながれ、実際共演。日本で放送なんてないだろうと思っていたのに「戦神」の後に日本放送決定。正直私的にはイマイチなドラマですが。でも以前あの仔仔が一番LOVEという意見をみたことあるので、好みの問題なのかもしれません。
そういえばBSFanには次は「蜜桃女孩」って書いてなかったけ?あひるは「蜜桃女孩」の方が好きな作品です。なんたって我らがダンカンが出演しているんですよ!「17歳的天空」みるまでスルーしていたのも確かだけど。エヘへ。

まだまだ思い出すことはあるけどこのへんにしときます。
来年のことをいったら鬼が笑うといいますが、来年はもっと進化しているかもしれない。いい方向に進化していくといいなあ。
自分の人生の方向性をよく考えなければならないのに、夏の青い空をみていたらしみじみとした気持ちになってしまいました。空はブルーあひるの気持ちもブルー藍正龍の英語名はブルー建華の好きな色はブルー。

ちょっと書きたいことがあって資料集めをしてみたり。こんなこと、F4にはまらなければやってなかったよ・・・。
[PR]

by nahiru | 2005-07-29 23:52 | 雑談

是非実現して欲しい

観光ビザ 台湾人の免除恒久化 自公民合意、特例法今国会成立へ」(SankeiWeb)

台湾から日本への観光客に対する査証(ビザ)免除措置を恒久化するための出入国管理法の特例法案が今国会で成立する見通しとなった。自民、公明、民主の三党が二十六日、衆院法務委員会に委員長提案で提出、成立を目指すことで合意した。

 日本は現在、九月二十五日までの愛知万博(愛・地球博)期間中に限って、台湾からの九十日以内の短期滞在の観光客に対するビザ免除の措置を行っている。特例法案によって、万博終了日以降も恒久的に免除するが、万博終了時に施行を間に合わせるため今国会中に処理することにした。

 平成十六年の台湾からの新規入国者は百五万一千人。このうち観光目的などの短期滞在の新規入国者は百四万人で、韓国に次いで二番目に多い。今回の議員立法には、ビザ免除で日台の経済関係強化や愛知万博以降の台湾人観光客誘致を目指すねらいがある。

 出入国管理法の規定では、二国間協定などの「国際約束」や日本政府の外国政府への「通告」によってビザを免除できるが、日台間には国交がなく「国際約束」や「通告」が行えず、特例法で免除することにした。

 日本は今月二十五日から、中国からの団体観光客に対するビザの発給対象地域を北京市、上海市、山東省などの三市五省から中国全土に拡大した。観光客誘致が目的だが、中国人団体観光客の不法滞在問題があり、ビザ発給の中国全土拡大にも、日本国内には懸念の声がある。韓国からの観光客のビザも台湾同様、愛知万博期間中は免除されているが、万博後の恒久化は決まっていない。

 台湾からの観光客のビザ免除をめぐっては、日本が愛知万博期間中の免除を決めた際、中国国家観光局が「中国と台湾では条件が違いすぎる」と反発した経緯がある。自公民三党の関係者は「民間交流を促すもので、台湾との関係を非政府間の実務関係とする日中共同声明の趣旨にも反していない」と話している。要人の来日に関しては入管当局が個別に観光目的かどうか審査するという。

 台湾の陳水扁総統は二十六日、台北と東京を結んだテレビ記者会見で、日本政府に対して「愛知万博期間中、台湾の観光客のビザ免除に感謝する。一時的ではなく、恒久的な措置であってほしい」と要望していた。

そうです。

これ、実現するといいな。

しかし、この記事によると愛知万博期間中の台湾観光客に対するビザ免除を決めた時、中国が文句つけてきたみたいじゃないですか。今回も何か言ってきたりして。
台湾観光客のビザを恒久的に免除は歓迎だけど、他の隣国に対しては間違ってもビザ免除しないで欲しい。これ以上、日本の治安が悪くなるのは嫌だから。

【追記】
8月2日SankeiWeb「台湾人ビザ免除が衆院通過 特例法案で恒久化
[PR]

by nahiru | 2005-07-27 23:43 | 雑談

9月は映画三昧になりそうです。

間違えて「F4@Tokyo」の感想記事を削除してしまい、へこんでおります。

9月公開の映画といえば、まず「頭文字D
とにかくはやく見たい映画です。みたいみたい。いくつか試写会に応募してみたのですが、当たるかな?ところで、あひるも結局「戦神MARSミニライブ」はずれました。なかなか甘い汁をすうことができません。そろそろ、あひるにも甘い汁をプリーズ>神様。

ジョニー・デップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」も公開が待ち遠しい映画です。ティム・バートン監督作品ですしね。ジョニーとティム・バートン監督の作品といえば、「シザーハンズ」「エド・ウッド」「スリーピーホロウ」。どれも好きな作品です。今回のジョニーもおもしろいルックスでかっこよすぎです。中国語題は「巧克力冒險工廠」。日本語題とちょっと違う。巧克力=チョッコリーと私には聴こえます。

ファンタスティック・フォー」もみる予定です。「Fantastic four」略してF4だから気になったわけではないです。主演のヨアン・グリフィズが好きだからです。結局、いつもこういう理由です。この映画の中国語題は「驚奇四超人」。なるほどと思いました。

シン・シティ」もみたいです。イ、、、イライジャ・ウッドが結構好きなんですよ。しかも猟奇殺人犯役らしいんです。
この映画の中国語題は「萬惡城市」。すごく悪そうな感じがします。

そういえば、「天下第一」も日本版DVDが発売されるんですね。
私は香港版DVDでみたのでエンディング曲は建華じゃなかったのですが、どうやら台湾版はエンディングも建華みたいなんです。是非日本版でもエンディング曲は建華がいいな。
[PR]

by nahiru | 2005-07-26 21:23 | 雑談

ASIANシネマ&テレビLIFE vol.3

「あ、李威が載ってる、買おう」と何気なく買った「ASIANシネマ&テレビLIFE vol.3」にDUNCANのインタビューも載っていました。(wowoさん、ありがとう!)
日焼けしているDUNCAN。
穏やかに語るDUNCAN。
爽やかな笑顔で語るDUNCAN。
かっこいい!!!!!(きっと)
「ラブシーンの撮影の後、しばらく唇が痛かった」ってのは「男生的嘴很大又有鬍渣,真不習慣。」(男の口って大きいし髭の剃り残しもあるし、とても慣れることはできないよ)は関係あるのかな?祐祐ってそんなに・・・。
あのラブシーン、とっても楽しそうだけど、DUNCANはとっても頑張っていたみたいです。さすがDUNCAN。海の男DUNCAN。

DUNCANの他にもF4、李威、羅志祥、歐定興(1980年生まれだったんですね)、阿部力などののインタビューが掲載されています。「アジアの美しい男たち」にはJasonが載ってるし(美しいではなく「アジアの色白な男たち」なら納得)、他には范植偉(顔が傾いている画像で心憎い)、黄志[王韋](薔薇之恋お兄ちゃん)、張天霖(「香草恋人館お兄ちゃん)。

それにしても、いったいこの先何冊台湾エンタメ本出版されるんだろう・・・。
自分の人生だってかなり危機に瀕しているのに、追いかけきれるかどうか不安。
[PR]

by nahiru | 2005-07-22 00:37 | DUNCAN(周群達)

ウォレスさんの次の作品はドラマ版「地下鐵」なんですね。

霍建華 身價漲了30倍」らしいです。
建華のギャラがデビュー当時と比べてだいぶ高騰したらしい。
次回作は大陸ドラマ「地下鐵」。映画版では梁朝偉が演じた役を建華が演じるみたいです。共演は林心如。
映画版「地下鐵」のDVD持っているのですが、まだみてないです。「部屋においでよ」の顔が斜めっている范植偉が天使役で出演しているみたいなんですよね。天使って感じの人じゃないと思うのですが。どんな天使なのかとっても気になるのですが、まだみてないです。
建華って、大陸でのお仕事が多くないですか?私としては、台湾のドラマが益々発展するため、台湾で頑張って欲しかったりします。台湾では、建華くらいの年代の俳優さんがひしめいているから、海外市場へ目を向かざるを得ないのかもしれない。
大陸のドラマや映画は好きだけど、中共は嫌いです。台湾芸能との関係を深めて、台湾独立阻止のために利用するんじゃないかな?と考えてしまったりします。考えすぎかもしれないけど。反国家分裂法を制定したり、台独派の国際的実業家である許文龍氏の従業員を人質にとり、主張を変えささせたり・・・恐い国です。 芸能文化を政治利用しないで欲しいけど、現世利益追求のためには手段を選らばなそうだからなあ。せっかく台湾は親日国なのに、中共に取り込まれて反日教育施されたら嫌だなあ。

本日とうとう「F4@TOKYO」発売ですね!CDや台湾で発売された写真集の日本版などは既に発売されていますが、今回の写真集は日本オリジナル♪正真正銘日本デビューって感じがして、嬉しいです。しかし、まだ我が家にはありません。あひるはア○ゾンで予約したのですが、未だに発送もされてないようです♪はやく来い!

最近、あまり更新することができなくて、毎日見に来て下さった方々には大変申し訳ないことをしてしまったと反省しています。写真集発売が近かったためか、アクセス数も増えており、なお一層反省です。
実はある試験を受験し、落ち、あひるはこの先どうしたらよいのやらと凹んでいました。
勉強など、日ごろのストレス発散のためブログというか日記を書いているみたいなものです。なので熱心に情報収集していませんし、F4関係はwowoさん、小綜関係はいちさんのブログを拝見させていただき、なるほど!と満足していたりします。
今後もダラダラと好き勝手に書きなぐるブログになってしまうと思いますが、もしそんなブログでもよいよ!という心優しい方々が愛読してくだされば、この上ない幸せです。
[PR]

by nahiru | 2005-07-21 19:33 | 霍建華

事故

仔仔へ
気を付けて下さい(泣)。

昨日から騒がれている仔仔の事故。
女関係がどうのこうのというくだらない記事まで書かれてしまっていますね。
たしか仔仔って以前からスピード魔らしいから、女関係は関係ないんじゃなかな?

大破した仔仔の愛車の画像を蘋果日報さんでみて、「よくこれで無事だったな」と思ってしまいました。
[PR]

by nahiru | 2005-07-14 23:10 | F4

MVP情人

c0023053_20572274.jpg2002年 台湾ドラマ
出演
太子:孫協志
臣風:顔行書
小希:張紹涵
ANGEL:林立雯
ICE MAN:陳宇凡

「西街少年」のような奇抜なドラマかと思っていたら、結構まともなドラマでした。
5566が大活躍するドラマかと思っていたら、そうでもなかったです。
たぶん1人以外年齢的に高校生ではないけれど、高校生という設定ならそういうことなんだろうと無理やり自分の脳を納得させました。というか「鬥魚」」や「西街少年」で慣れてきたというか。あひるも制服着ればまだまだいけるんじゃない?っていうとんでもなく恐ろしいことを考えてしまい、暑い日が続いているから・・・と暑さのせいにしてみたり・・・。(無理無理絶対に無理)

臣風はバスケの試合に向かう途中、乗っていたバイクを少女にぶつけてしまった。少女を病院へ送り届けてから、急いで試合に向かったにも関わらず試合に勝利し、MVPに選ばれた。
試合後、臣風が事故に巻き込んでしまった少女は、ライバルICE MANの妹ANGELだと判明する。罪悪感から高校を休学しバスケも辞め、ANGELにできる限りのことをしてあげようと決意した臣風。
そんな臣風の恋人小希は、バスケ大好きな女子高生。自分の通う啓穂高校のバスケ部を強くしようと奮闘していた。
雲上高校の太子は偶然出会った小希に一目惚れし、啓穂高校に転校しバスケ部に入部した。
当初、臣風を恨んでいたANGELは、次第に臣風に惹かれていった。

っていうようなストーリーだと思われます。
所々雑でしたが、恋愛模様とバスケ部の奮闘ぶりがとってもバランスよく描かれているし、キャラもそれぞれ個性的で、結構おもしろいドラマでした。
最終回のバスケ試合シーンでは、ドラマなのに思わず応援してしまいました。

ヒロイン小希を演じる張紹涵さんは、相変わらずとっても細い!いったいウエスト何センチよ!?ってくらい細い。どういう食生活しているのか知りたいです。
思っていたより大活躍していたのが臣風演じる顔さん。ANGELにはめられてる臣風に何度イライラしたことか。ホンモノバスケ選手なだけあってバスケシーンは素敵でした。小中高の体育の時間、ドリブルも覚束無いという醜態をさらしていたあひるだったのでボールを自在に操る顔さんはマジシャンにみえました。
太子を演じた5566のリーダー協志は、お金持ちな上、良い人。どっかのダオミンスーみたいにワガママな自己中ではなかったです。しかも実業家としても成功していて、アメリカの経済誌の表紙を飾ってしまうほど・・・とっても非現実的。
この太子が凄くかっこよかったです。こういうお兄ちゃんがいたらとっても幸せだと思います。
小希への接し方が、しつこ過ぎず熱すぎず、控えめにみえて言いたいことはしっかりと伝えている・・・イイ!とってもイイ!「西街少年」の亞魚同様、高校生にしてはえらく大人なキャラでした。
c0023053_23452736.jpg波際を走る啓穂高校バスケ部の面々。爽やかですねー。
昔、友人とふざけて夜の海の波際を走ったことがあります。先輩と後輩という設定で「あひる!ついてこい!」「ラジャー!先輩!」っていうような感じで。結構爽やかな気分になるんでよね。もう1度波際走りたいけど、皆大人になっちゃったから誰も付き合ってくれなさそう。
[PR]

by nahiru | 2005-07-07 21:08 | 台湾ドラマ

祐祐が凄いことになってきました。

聯合追星網蘋果日報によると「17歳的天空」で金馬奨新人賞を受賞した楊祐寧は昨日、中環娛樂集團と10年契約を結んだそうです。
そしてこのグループが出資し、周潤發〈チョウ・ユンファ)、渡○謙などが出演する映画「赤壁之戦」に出演するそうです・・・凄い。
中環娛樂集團は江口洋介主演の台湾映画「詭絲」(大S・陳柏霖など共演)にも出資しているグループらしい〈TVBS新聞〉←最初誰かわからなかった。
「赤壁之戦」は吳宇森(ジョン・ウー)が監督をつとめるハリウッド映画。
周潤發主演で「赤壁之戦」が映画化される話はどこかできいていつの間にか知っていましたが、まさか祐祐が出演するとは・・・。ハリウッド大作ですよ!ハリウッド!ハリウッド!
ところで本当に渡○謙は出演するんですか?本当かどうかわからないので伏字にしておきました。
蘋果日報によると周潤發は周瑜を演じるらしいのですが、以前劉備を演じるというのをみたことあります。実は「三国志」で私が1番好きなキャラは周瑜です。理由は美形で頭良かったから・・・。周潤發は美形だと思いますよ。でも周瑜というイメージではない(私の中の勝手な周瑜イメージがあるのです)。
ちなみに渡○謙は曹操らしい。(聯合追星網によると「日本性格男星渡○謙將在籌備已久的歷史大片「赤壁之戰」中扮演曹操?」らしい。疑問文か。)
祐祐は誰を演じることになるのか楽しみです。10年って兵役はどうするんだろう?
[PR]

by nahiru | 2005-07-01 15:11 | 楊祐寧