流浪夢の日記


あひるのたわごと      台湾ドラマと台湾で活躍している芸能人が大好きなあひるのブログです。なんとなく、やっています。
by nahiru
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
airplane jet..
from airplane jet o..
decorative i..
from decorative iron
administrato..
from administrator ..
build deck d..
from build deck dec..
enigmah vide..
from enigmah videom..
evening oil ..
from evening oil pr..
ren and stim..
from ren and stimpy..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
エディソン・チャン 韓国..
from エディソン・チャン 韓国流出..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


Duncanの歌声&よいお年を!


Duncanの歌声をアップしてみました。
「桃色蛋白質」で、ちょこっと歌ってくれた時のものです。


こちらはラップです♪
上と同じく「桃色蛋白質」の時のものです。

海外サイトにファイルがおちていたので拾ってきました。

2004年12月31日の自分の日記を読み返してみたら、「「17歳的天空」は本当に日本公開するのかな?公開したら是非祐祐(右写真)とDUNCAN来日してほしいヨ!!」って書いてるんです。まさかDUNCAN来日してくれるなんて!そして自分が生DUNCAN見れただなんて!最後にドカンときました。

それに生霍建華のかっこよさも忘れられません☆
今年後半は大陸での仕事ばかりだったのがとても残念。台湾ドラマにもまた出演してほしいなあ。

あと「今年も駄目人間として年越すしかないようです。来年こそ、来年こそ、まともに生きるぞ!!」とも書いてるんですけど、今年は更に駄目さがUPしています。
今年も・・・「来年こそ、来年こそ、まともに生きるぞ!!」

なんとな~くこのブログをはじめました。まさかコメントをもらえるなんて予想していなかったのでとっても嬉しかったです☆

それでは、よいお年を!
[PR]

by nahiru | 2005-12-31 03:11 | 雑談

26日は霍建華のお誕生日でした♪

c0023053_327222.jpg霍建華生日 粉絲為他寫小說
因為趕拍「屋頂上的綠寶石」,霍建華26日在大陸浙江片場度過26歲生日。除了收到10個國家影迷的卡片祝福外,今年還收到一份很特別的禮物,就是影迷寫了一本高達12萬字的小說送他,小說裡的主角是霍建華,讓他非常感動。

這本小說由美國、馬來西亞粉絲寄來的,用感性的筆觸為他撰寫,內容從他尚未出道,一直寫到他去年在台灣的紅樓開唱,敘述的是霍建華追求唱歌夢想,還有他在演藝生涯中努力奮鬥的過程。看到影迷這麼細心,霍建華開心的說:「這兩天趕著拍殺青戲,還沒時間拜讀,等他拍完一定找個時間看,才不辜負影迷的用心。」

除了12萬字的小說外,霍建華還收到來自大陸、香港、新加坡、美國、日本等10個國家影迷寄來的卡片,看到上千封堆積如山的祝賀卡片,霍建華說,他真的很開心,也很感謝大家,他生日只有小小的願望,那就是工作順利!

霍建華還笑說,爸媽前一晚有打電話給他,其實他們家平常就沒什麼過生日的習慣,加上自己一直在外工作,所以對生日,甚至是對生日當天還要工作,都覺得還好,他認為還是把每一天過得充實、過得快樂最要緊,人為自己而活、因開心而笑,才是最大的滿足。


【2005/12/27 民生報】

12月26日は建華の26回目のお誕生日でした♪

ドラマ「屋頂上的綠寶石」の撮影のため、霍建華は大陸の浙江撮影所で26歳の誕生日を迎えた。
今年は、10ヵ国にもおよぶファンからカードを送られた他に、今年はとても特別なプレゼントが送られきた。それはファンたちが書いた12万字にも及ぶ小説で、その小説の主人公は建華、彼はとっても感動した。

この小説はアメリカ、マレーシアのファンが書いたもの。建華がデビューしてから去年紅樓(淡水にあるコロシアム様式の洋館)でライブを行った時までが描かれている。霍建華が歌手になることを夢見て、そして努力奮闘しながら演技をしてゆく過程が描かれている。ファンのこのような心遣いに、建華は喜んで言った「ここ2日間撮影が忙しくて、読む時間がなかったけど、撮影が終わったらきっと読むよ。ファンの気遣いを無にはしないからね」

この小説の他に、中国、香港、シンガポール、アメリカ、日本など10ヶ国におよぶファンからカードが送られてきた。山盛りのバースデーカードを見て、霍建華は、ホントに嬉しい、ファンの皆に感謝している、誕生日のささやかなお願いは仕事が順調にいきますように!と言った。

霍建華は笑いながら言った、昨晩両親から電話があったんだ、実は普段から家族で誕生日を過ごすという習慣がなくて、その上、自分はずっと外国で仕事していて、だから誕生日といっても仕事だけど、かまわないと思っている。毎日充実していて楽しいことがとても重要、仕事を成し遂げ、愉快なら、とっても満足だよ。

・・・超意訳ですが、だいたいこんな内容です。
実は、すっかり忘れていた・・・建華のお誕生日。。。。(〃_ _)σ∥
言い訳をすると、ここ数日「康熙來了」を改めてみながら、一人称について考えていました。中国語の一人称って「我」だけ、しかし日本語って一人称が色々あるじゃないですか。Duncanの一人称をどうしようかすっごく悩んでいたのです。結局「我」の部分は訳さず誤魔化しましたが^^;
その後、Duncanに限らず、建華は?小綜は?仔仔は?等々、暇ですね^^;
私的には建華は「僕」が似合うな~なんて思っています。
そういえば、大学生の時に所属していた茶道部の先輩♂に一人称「ワタクシ」の方がいらっしゃいました。もの凄くしごかれた(というかしばかれた)先輩なので忘れられない先輩です♪その先輩が「ワタクシは~」と言っているのをはじめて聞いたときは我が耳を疑いました。「今・・・ワタクシって、ワタクシって聞こえたんだけど・・・」と。ちょっとしたカルチャーショックでした。
「授業よりも茶道を優先しろ」という方で、現在は京都に移住し、本格的に茶道の世界に入られたそうです。・・・私は少しでも茶道の作法がわかればな~と入っただけなのに・・・あ、あんなにしごかれて(というかしばかれて)・゚・(つД`)・゚・というせつない思い出にまで行き着いてしまいました。
しごかれていた(というかしばかれていた)当時は、辛くて辛くてたまらなかったけど、今ではすべて良い思い出です♪
[PR]

by nahiru | 2005-12-27 22:05 | 霍建華

康熙來了 その2

康熙來了の続きをキャプ&DUNCANに関する部分を超意訳してみました。
司会は小S(小)と蔡康永(康)。ゲストは祐祐(祐)、DUNCAN(D)、金勤(金)、それに「僕の恋、彼の秘密」の陳映蓉監督、「ニエズ」の曹瑞原監督です。水色は私の感想です。
何か気になる部分等があればご指摘くださいm(_ _)m

c0023053_028017.jpg康「映画の中でアイスは広東語で何というか言っているの?」
D「そうだよ」
康「ということはDUNCANが演じるのは香港人?」
D「そう、台湾にきて住んでいる設計士役」
c0023053_0282186.jpg小「もしあなたたちの御両親がこの映画を見たいって言ったら、気まずいかしら?」
D「両親と一緒に見に行くべきではないよ」
小「あなたは両親にこの映画を見に行ってほしい?」
D「両親が見に行くのは構わないよ。ただ一緒に行くべきではないな」
小「とっても気まずい?」 D「そうだね」
c0023053_0283751.jpg
康「小S、もし君がこの3人のことを知らないなら、一見して君は誰がゲイだと思うかな?」
小「当然金勤よ」
康「金勤、申し訳ない」
金「気にしないで・・・慣れてるから」
c0023053_028504.jpg小「金勤は背の高い外国人にうけると思うわ。彼らはあなたを守りたいと思うのよ」
康「金勤はどうして外国人にうけるの?」
小「彼らは金勤を脇の下できつくしめつけたいと思うはず。それから・・・金勤はきつく抱きしめたいと思われるタイプだわ」
c0023053_029277.jpg小「楊祐寧はタイへ行けばとても歓迎されるわ」
祐「本当に?」
小「ええ、あなたはタイのゲイの好みだから」
c0023053_0291651.jpg康「DUNCANはどこへ行けばいいの?」
小「DUNCANはフィリピン」

小「曹監督は・・・日本のお年寄りの集まるGAY BARに行けばうけると思う。2丁目あたりには曹監督に似た人が多いのよ」
c0023053_1273098.jpg小「DUNCANは以前スポーツばかりしてたんでしょ?」
D「そう、以前はスポーツ選手だった」
小「えっと、ウィンドサーフィン?」
康「職業で?」
D「そうです」
康「その後、芸能界にはいったの?」
D「そう、モデルになったんだ。それから台湾へ来て役者になった」
c0023053_1273992.jpg康「かつて男性に好かれたことはある?」
D「うーん、あるよ」
康「いつ?」
D「香港にいたときに」
康「それで香港で男に好かれたのは何歳の時なわけ?」
D「う~ん、20歳の時だよ」

c0023053_1274876.jpg康「君を追っていたのは、どういう人だった?」
D「よくわからない。彼はスーツを着ていた人で」
小「それで、あなたは当時・・・」
康「それはサラリーマンということ?」
D「そう、サラリーマンだった」
康「お金持ち?」
D「わからない。ただしょっちゅう電話を掛けてきたよ」
c0023053_14544242.jpg康「彼とはどうやって知り合ったの?」
D「仕事で。でも最初、彼はゲイだと態度に出さなかった。その後、彼は自分はどんな人間かはっきり示してきて言ってきたんだ、凄く遊びたいな、どう?どう?って・・・」
康「ゲイ行為に誘われたわけだ」
小「ゲイに凄く遊びたいと言われて・・・」
康「それで、君は彼にどう答えたの?」
c0023053_1455271.jpgD「彼からの電話にはでないようにした」
康「へぇ」
D「それに電話番号をかえた」

ところどころ笑顔ですが、DUNCANの表情口調から「当時はかなりしんどかったのかな?」と思いました。
それにしても司会の蔡康永!とても興味津々な感じで、小Sが何か言おうとしても遮ってるし^^;この方はホンモノですから・・・ね。


c0023053_20543977.jpg康「DUNCAN、『3時間』とは?とても長いね」
D「そうですね。台風がきた日にボードをもって海にいかなければならない時があって、その年の香港って台風1号3号8号9号10号と次々くるって感じで。その時は台風3号が台風8号に変わって、海にいたら突然暴風雨がきた。
c0023053_2055677.jpgその後、ボードが吹き飛ばされてしまって・・・必死に泳いで泳いで・・・ずっと泳いで・・・。
やっとボードをつかめたんだけど、大雨で岸が完全にみれなくなってしまって、だからそこで待っていたんだ・・・。
3時間くらいで・・・やっと雨が止んだ」
小「海に3時間も漂っていたのね」
D「そうだよ」
c0023053_20551758.jpg康「その時、自分は死ぬかもって思った?」
D「思わなかった」
小「怖かった?」
D「怖くなかった」
康「何故死なないと思ったの?」
D「うーん、死ぬのが怖かったら海に入れないし、海に入ったのは死ぬのが怖くなかったからで。友人がいて、ようするにその友人がいたために・・・」
c0023053_20553083.jpg小「けど、ボードの上で何度も泣いたんでしょ」
D「遊びに行って台風がきたら、すぐに帰ったよ」
康「いなくなったんだ」
D「そうです」
康「君は怖くないというけど、君の身にまたこういうことが起きたら?」
D「怖くないよ」
c0023053_20554094.jpg康「以前ある記事で読んだんだけど、君の将来の夢はどこかへ流浪して、農場を開きたいんでしょ?」
D「うーん、できるなら。農場か、もしくは海辺で暮らしたい」
康「君のような人は、都会が嫌いで、あと嫌いなのは・・・」
D「どちらかというと、静かなところが好きだよ」
c0023053_20555169.jpg康「それじゃあ、芸能界は嫌い?」
D「嫌いじゃないよ」
康「君は小Sのような見栄っ張りで派手な女性は嫌いなんじゃないの?」
小「私のどこが見栄っ張りで派手なの!?」
康「君は一日中、キラキラした格好をしてるじゃないか」
小「私は何を着ればいいわけ?・・・布袋神が仕事に来るわよ」
c0023053_20555951.jpg康「こういうヤツが、君を困らせことはない?」
D「ないよ」
康「OK」






番組後半のDuncanはとっても落ち着いている人だなーという印象でした。
DuncanはF4が出演しているドラマにちょい役で出演しています。なので知らず知らずのうちにDuncanもみていたのですが、「僕彼」をみる前はドラマの役柄のせいで、「こわそうなお兄さん」という印象が強かったです。私的には「ピーチガール」の路吾郎たんより「Hi上班女郎」で演じた「大明星朱孝天のマネージャー」役が印象的でした。「そ、そのスーツの色は・・・(;´Д`)」というのがとても印象的だったせいかも。
映画「僕彼」や「靴に恋する人魚」では凄くかっこよくて、かと思えば「桃色蛋白質 」ではモノマネ好きの面白い人だということを披露、でもこの「康熙來了」では落ち着いていて、どこか超然としていて・・・DUNCANワールドは七色だと思いました(←??)
[PR]

by nahiru | 2005-12-24 00:30 | DUNCAN(周群達)

ラブ・ディクショナリー第10話

「ラブ・ディクショナリー第10話」にDUNCANが出演しています。
パソコンテレビGyaOで来週の水曜正午までみれます♪
漫画家役で出番は少ないのですが、かっこよかったです。相変わらず笑顔笑顔でした。
yorumさん、beckyさん、DUNCANは10話に出演しているという情報、ありがとうございました!!予想以上に短い出演でした~。

GyaOでは、今月28日正午から台湾ドラマ「カエルになった王子様」の第1話だけ視聴できるようです。

ソイAさんのところより、「Love Storm 狂愛龍捲風」の次は「ピーチガール~蜜桃女孩~」に決定だそうです(≧▽≦)!!
DUNCAN演じる路吾郎たんは・・・「路吾郎たん・・・それは・・・やりすぎだよ・・・」ってくらい熱いんだか馬鹿なんだかよくわからない役柄です♪
[PR]

by nahiru | 2005-12-22 22:40 | DUNCAN(周群達)

メッセージ

16日、YAHOO!奇摩家族の「正周群達DunCan後援会」(http://tw.club.yahoo.com/clubs/DunCanPaggy/)にDUNCANが英語でファンにメッセージをのこしてくれていますよ~。

毎日新聞」「華流.net」にもインタビューがありました。


今日から4日間、台湾旅行してきます♪
[PR]

by nahiru | 2005-12-18 03:09 | DUNCAN(周群達)

康熙來了 その1

「17歳的天空」のキャストが出演した回の康熙來了を2回か3回にわけて紹介しようと思います。
司会は小S(小)と蔡康永(康)。
ゲストは祐祐(祐)、DUNCAN(D)、金勤、それに「僕の恋、彼の秘密」の陳映蓉監督(監督)、「ニエズ」の曹瑞原監督です。ちなみに水色の文字は私の感想です・・・。
DUNCANに関する部分だけピックアップしています。
祐祐や金勤のところはとばしています。この2人のところもとっても面白いですのですが、全部やってしまうと凄い量になってしまいそうなのでとばしました。。
超意訳してます。変なところ誤訳等があったらご指摘下さい!
別にDUNCANが笑顔なシーンを選んでキャプチャしたのではないのですが笑顔ばかりになってしまいました。とにかく笑顔です。これでもかってくらい笑顔です。

c0023053_27341.jpg蔡康永から紹介をうけ・・・
D「こんにちは」

康「ゲイ役は何回目?」
D「はじめて」



(´▽`)可愛い☆

c0023053_2165877.jpg康「ゲイ役のオファーがきた時、とっても興奮した?」
D「とてもショックだった。自分がこういう役を演じる機会がくるなんて思いもよらなかった」
小「あなたは自分にはゲイっぽいところは少しもないと想っていたのね?」
D「たぶんね」

c0023053_2553913.jpg小「私はこの2人(祐&D)は、ゲイっぽいと感じるわ」
康「とても遺憾だけど、小Sの意見に同意するよ」
小「彼ら3人はそれぞれ違うタイプね」
康「2人(祐&D)は同じタイプだよ」
小「そうかしら?」
康「2人はゲイ用語で陽光タイプ、金勤は・・・」
小「姉妹タイプ」

c0023053_36738.jpg小「祐祐、范植偉とDuncanのキスを比べてみて」
祐「范植偉は内気にキスしだすんだ、けっこうよかったよ。Duncanのは凄く激しい、こっちもいいキスだと思ったよ。」


c0023053_4124525.jpg康「小S,何故DUNCANの肩のラインはゲイじゃないの?」
小「Duncanの肩幅は広めだから、それから彼(祐祐)はいずれにしても・・・」
康「君の言っていることは・・・テキトーだなあ。肩でゲイなんて」
小「いずれにしても楊祐寧の肩は全体的にとってもゲイ」


c0023053_4132398.jpg康「Duncanと共演できると知った時、あなた(祐祐)は嬉しかった?」
祐「彼と共演できて、とても幸せだよ。でもDUNCANのキスは素晴らしいと言うことになるなんて思わなかったよ」


どちらが娘役か・・・専門用語(?)使うと攻めか受けか・・・この画像だと、なんかDが・・・

c0023053_413587.jpg小「祐祐、もしあなたがDUNCANが演じた役を香港台湾の俳優から選べるとしたら、誰に演じて欲しい?」
祐「とても難しいな・・・周潤發(チョウ・ユンファ)かな・・・周星馳(チャウ・シンチー)がいいな」

c0023053_4145930.jpg小「男性同士のキスの仕方をみせて」
祐「今?」
小「それじゃあ、明日私の家で」


ヽ(`Д´)ノ「小S、何言い出すんだよ・・・オレはやらないぞ!」と思ってそう・・・Dから笑顔が消えてます(>_<)

c0023053_4195471.jpg康「手をつなぐシーンは撮影したの?」
祐&D「撮影したよ」
祐「どうしたかは監督に聞いてみて」
康「結局2人が手をつなぐシーンはカットしてしまった?」
監督「はい」
康「何故?」
監督「前後のシーンとの問題を考えてカットしたの」
c0023053_4201048.jpg

実演

祐「手をつないでから・・・」



・゜゜・(≧▽≦)・゜゜・。


c0023053_420461.jpg祐「え~と、アイスは広東語で何と言うの?」
D「(広東語で)アイス~」

c0023053_4213276.jpg祐「僕はアイスが食べたいですっていうのは?」
c0023053_4214552.jpgD「(広東語で)僕はアイスが食べたいです~」

小「とってもアダルト!でも・・・凄く可愛い!」


・゜゜・(≧▽≦)・゜゜・。可愛い!!!


その2へつづく。

DUNCANと祐祐が手をつないでいるシーンは、台湾版DVDに収録されています。
夜2人で歩道橋の上で語り合った後にあったシーンのようです。
この番組では、DUNCANよりも祐祐の方が積極的に手をつないでいました。
「原本有」(私は「撮影したよ」と意訳しました)と2人で言ったときも、祐祐の方が若干はやく言っていたし。

ところで、とっても気になるのはDUNCANの後髪・・・寝癖じゃないよね?

☆ついでに・・・既にソイAさんやbeckyさんのところで紹介されていますが、私のところにも記念リンクhttp://ent2.excite.co.jp/cinema/interview/bokukare/
[PR]

by nahiru | 2005-12-16 02:07 | DUNCAN(周群達)

ライブ台湾 on goo

ライブ台湾」「ライブ台湾 on goo」というサイトができていました。
「イルカ湾の恋人(原題:海豚湾恋)」の第一話が無料でみれるそうです。
建華がトップページでちょこっと紹介されています。
台湾観光情報や芸能ニュースも扱っているみたいです。
来年は本格的に台流(華流)?
変な煽り方されないといいけど・・・。
[PR]

by nahiru | 2005-12-14 15:08 | 雑談

「好きなものバトン」周渝民編

wowoさんに回していただいた「好きなものバトン」周渝民編をやってみようと思います♪

Q1.PCまたは本棚に入っている「周渝民」
PCにはあまり入ってないです。以前使っていたPCには色々入っていたのですが、現在のには建華&Duncan&小綜あたりが多いかな?
本棚には約50冊ぐらい。台湾・中国・最近だと日本の台湾芸能雑誌。
ちなみに最初に買った周渝民本は「貧窮貴公子」写真集です。

Q2.今妄想している「周渝民」
最近は女性とのことばかりが新聞に取りざたされている「周渝民」・・・私は役者としての「周渝民」が好きなので、もっと色々な作品に出演して欲しいな~と妄想(?)しています。
映画にも挑戦してほしい。若い時しかできない役柄ってあると思うので、今のうちに色々チャレンジしてほしい(私生活も大切だけどね。でも・・・でも~!!)

Q3.最初に出会った「周渝民」
シンガポールの高島屋地下でみた「流浪夢」の表紙のポスター。それを見て一緒にいた友人と同時に「田口○之介?」と言ったことをよく覚えています。
借りていたマンションに帰り、テレビを付けたら「周渝民」さんという人の映像が。翌日早目に帰宅してテレビを付けてみたら「流星花園」というドラマが放送中。
1人MTRに乗ったら電車中「流星花園」と「流星花園Ⅱ」のペイント・・・。
「何?この大人気な人たち・・・」と気になり始めました。
ふっと「私・・・「周渝民」がとっても好きだ!!」(サムイ・・・)と気付き、友人たちに打ち明け、周グッズを買いに走りました。
そのテレビ局では「周渝民」の映像と「F4」のコンサート映像がよく放送されていました。
当初「F4」の1人と「周渝民」さんが同一人物だとは気付かず・・・。
コンサート映像を見ながら、友人達と「ジャ○っぽいね・・・」と話していました。笑いながら・・・m(_ _)m

Q4.特別な思い入れのある「周渝民」
これは画像UPしようかどうか迷ったけど、この際思い切って
c0023053_0565463.jpg
「周渝民」の頭に天使の輪らしきものがのっております。
「周渝民」の背中に天使の羽らしきものが生えております。
「周渝民」が宇宙に浮かんでおります。
神秘的です♪
・・・酷いセンスだよ!いったいどこの誰がこんな小細工を!もちろん私ではありませんよ♪
シンガポールのアイドルショップらしき店で買ったカードです。
友人たちの「こんなカード、日本じゃ絶対に手に入らないって!」という強い勧めもあり、購入。
「初心忘るべからず」と思い、このカードは手帳にはさみ常に持ち歩いています♪
友人は、赤○仁ファンなので、赤○君のカードを買っていました。どう考えても事務所の許可を得てないまがい物です♪もう1人は巨人の高橋○伸選手のファンなのですが、さすがにこの人の商品はありませんでした。

Q5.最後にバトンを回したい5人
う~ん。ここでストップです。
[PR]

by nahiru | 2005-12-12 23:55 | F4

GyaOで「バスケットボール・トライブ第一話」と「ラブ・ディクショナリー」

完全無料放送だという話なのでパソコンテレビ「GyaO」で「バスケットボール・トライブ第一話」と「ラブ・ディクショナリー」の3,4,5,6話をみてみました。

「バスケットボール・トライブ(原題:藍球部落)」は邱澤と張勛傑が出演しています。
面白そうなドラマなのでみてみたかったのですが、中国のドラマなため中国版VCDしかなく、買うのをためらっていました。
日本版DVDが1月に発売されるみたいなんですけど、高い!
万が一、つまらないドラマだったらへこみそうなので、こっちも買おうかどうしようか迷っていました。
第一話をみた感想・・・くだらないけど面白い!
バスケットボール・シティ」というバスケ一色な町が舞台で、放浪中そこに偶然たどり着いてしまったガオ・フェイを演じるのは邱澤。ガオ・フェイは超人的なバスケ能力を有しています。なんか凄いです。
張勛傑はバスケットボール・シティのナンバー1プレーヤーのフォン・シュエシン役。フォン・シュエシンは「鬥魚」の阿奇とは180度くらい違う役柄です。

「ラブ・ディクショナリー」にはDuncanが江柏偉役で出演しているようです。しかし3,4,5,6話には出演してなかったです。
4人の女性たちがメインのドラマです。1人、草○剛に似ているような気がするのは私だけだろうか・・・(香草恋人館に1話だけゲスト出演していた人だと思います)。
[PR]

by nahiru | 2005-12-11 22:46 | 台湾男前

ムービー・プラス ほっとシネマ

☆ちゃっきりさんからの情報です。
ムービー・プラス ほっとシネマ」で映画予告編とDuncanのインタビューが放送されているそうです。
  今後の放送予定↓
 11日(日) 夕方18:00~
 12日(月) 昼13:15~
 13日(火) 深夜1:45~

CINEMA COMIN'SOONのムービーレポート!で祐祐のインタビューを見ることができます。
最後の方、祐祐の手元をアップで撮り、瞳もアップで撮ったかと思ったら、ポスターのティエンを撮り、また祐祐の瞳らへんをアップで撮りっていうのが印象的でした。祐祐の瞳はとっても綺麗です。
[PR]

by nahiru | 2005-12-10 22:21 | DUNCAN(周群達)